今、読むべきおすすめ漫画はコレだ!

【2019年版】おすすめの「和風漫画」はコレだ!

               

「和風漫画」とは、侍や妖怪などの”日本”の文化が中心にでてくる漫画です。

アニメ化やドラマ化、実写映画化されたような名作、人気作があります。

管理人が読んだ少年漫画・少女漫画・青年漫画の連載中や完結済み作品の中から、おすすめの面白い漫画のみを厳選して紹介します。

この記事をぜひ、参考にしてみてください。

「侍」が登場する

雪花の虎

”上杉謙信”と言えば、戦国時代に活躍をした、毘沙門天の化身とされる人気の武将です。

そんな、”上杉謙信”が女だったとしたら...、そんなifストーリーを楽しめる漫画です。

物語は”上杉謙信”が生まれたところから始まります。

男として生まれることを期待されていた彼女は父によって”虎千代”と名付けられ、不甲斐ない兄の代わりに姫武将として育てられることになりました。

(C)雪花の虎

男のように育てられた”虎千代”は、周囲の期待通りに男勝りな子として育っていきます。

そして、戦いの中で”戦さの才能”に目覚めていくことになります。

女武将・上杉謙信”が、戦国時代の戦いの中で生きていく勇ましい姿が見られる歴史漫画です。

(C)雪花の虎

「雪花の虎」を読んでみる

銀魂

突如、宙から舞い降りた宇宙人の「天人」によって、江戸の町は侵略をされてしまいました。

廃刀令によって刀を失い、侍たちも衰退の一途をたどっていました。

そんな江戸で、何でも屋の”万屋”をしているのが坂田銀時です。

(C)銀魂

甘党で、適当な男の坂田銀時は、行き当たりばったりな人生を送っています。

戦闘種族の少女・神楽や道場復興を目指すメガネの志村新八と共に、適当なスタンスで様々な依頼の解決に挑んでいきます。

「シリアスなパート」と「ギャグパート」の2つのタイプの物語があります。

江戸を舞台にした侍たちによる、ギャグとバトル両方が楽しめる漫画です。

(C)銀魂

「銀魂」を読んでみる

るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー

物語は、明治11年の東京下町から始まります。

廃刀令が出されて、侍たちは刀を所持することができなくなっていました。

そんな時代にも関わらずに、流浪人・緋村剣心は刀を所持して旅をしています。

そして、神谷活心流道場師範代の神谷薫に、最近、街によく現れる”辻斬り”と間違われてしまったところから物語が始まります。

(C)るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー

実は剣心の正体は、維新志士の中で最強無比の伝説をもつ「人斬り抜刀斎」でした。。

今では、不殺の掟を己に課して、それを守り続けています。

しかし、彼の過去である「人斬り抜刀斎」だった頃の因縁が、剣心を事件に巻き込んでいきます。

侍がいなくなりつつある時代の流浪人・剣心の熱い戦いを描いたバトル漫画です。

(C)るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー

「るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー」を読んでみる

るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―

本作では『るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー』からの続きの物語が見られます。

明治十六年の東京で、緋村剣心は、妻・薫、息子・剣路と平穏に日々を過ごしていました。

そんなある日、一枚の写真から薫の亡父・越路郎が北海道で生きていることが判明します。

剣心たちは、北海道へと向かい新たな戦いに巻き込まれていくことになります。

(C)るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―

北海道の地には、過酷な大地で強く生きる少年”悪太郎”がいました。

”悪太郎”とその仲間たちは、旅をしている剣心たちと出会い、共に行動をすることになります。

彼らも剣心一行の旅に加わり、強敵たちと戦っていくことになります。

北海道を舞台にした、新たな剣心たちの姿を見ることができるバトル漫画です。

(C)るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―

「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―」を読んでみる

アシガール

速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生です。

いつも通りにダラダラと1日を過ごしていた唯でしたが、ある日、超天才の弟が発明をしたタイムマシンをうっかり起動させてしまいます。

こうして唯は、戦国時代に飛ばされて帰れなくなってしまいました。

(C)アシガール

彼女は、そのまま戦に巻き込まれて「足軽」になります。

さらには、ばったりと出会ったイケメンの”若君”に惚れてしまいます。

しかし、若君が史実で死んでしまうことを思い出してしまい、何とか彼を生き残らせようと命がけで守るために戦っていくことになります。

足軽女子高生が、戦国時代で大活躍していく姿を描いた物語が見られます。

(C)アシガール

「アシガール」を読んでみる

信長のシェフ

ケンはフレンチの料理人ですが、気がつくと戦国時代の京都にタイムスリップをしていました。

料理のことも、歴史のことも覚えているのですが、なぜか自分に関する記憶がない状況です。

ケンはこの世界で自分の料理人としての腕前をふるって、料理を作っていきます。

(C)信長のシェフ

そんなケンの噂を聞きつけた織田信長によって、城へと連れて行かれます。

ケンは、織田信長の専属料理人として、第二の人生を送ることになりました。

戦国時代にはまだない料理の知識を用いて、様々な料理を作り、人々を驚かせていくことになります。

戦国時代にタイムスリップした料理人が主人公のグルメ漫画です。

(C)信長のシェフ

「信長のシェフ」を読んでみる

ドリフターズ

1600年、関ヶ原・烏頭坂で、島津豊久は、死を覚悟した最終決戦に挑んでいました。

重傷を負った彼は、不思議な力により、そのまま異世界へと飛ばされてしまいます。

そして、異世界へとたどり着いた「漂流物(ドリフターズ)」として、この世界で生きていくことになります。

(C)ドリフターズ

異世界は、エルフやドラゴンなどがいて、魔法がある世界です。

島津豊久は、織田信長や那須与一、さらには時代を超えて、世界中から集められた歴史上の偉人である「漂流物(ドリフターズ)」と共に、異世界の戦いに巻き込まれていくことになります。

偉人たちが、異世界で死闘を繰り広げていく姿が見られるダークファンタジー漫画です。

(C)ドリフターズ

「ドリフターズ」を読んでみる

我間乱 ~GAMARAN~

時代は江戸中期、海原藩の次期藩主を決めるための武芸仕合である”海原大仕合”が開催されることになりました。

最強の流派の使い手を連れてきたものが、次の藩主となることができます。

現藩主・鷲津直正の二十八男である鷲津直善は、”大亀流”を訪れます。

そこにいたのは、黒鉄我間、15歳でした。

(C)我間乱 ~GAMARAN~

彼は幼いながらも、大亀流の使い手として、大人の武芸者にも負けない力を持っています。

我間は、”大亀流”の兄弟子たちと共に、他の流派を会得した武芸者たちと、命がけの戦いをしていくことになります。

とある藩を舞台にした、日本刀、弓、槍などのあらゆる武器を使う、武芸者同士の戦いを見ることができる歴史系のバトル漫画です。

(C)我間乱 ~GAMARAN~

「我間乱 ~GAMARAN~」を読んでみる

我間乱 -修羅-

本作では『我間乱 ~GAMARAN~』からの続きの物語が見られます。

数多の武芸者が、“最強”を求め命を懸けた伝説の武芸仕合である”海原大仕合”から、2年の月日が経ちました。

天下無双と謳われた千石伊織の元に、徳川幕府より、戦いへの誘いが届きます。

敵は幕府が“最強”を決めるため選んだ100人の武芸者たちで、その戦いの名は“幕下百剣”です。

伊織は、この戦いに挑んでいくことになります

(C)我間乱 -修羅-

伊織に付き従うのは、剣に魅せられた一ノ瀬家の娘・蘭です。

女であるハンデを負ったが故に、彼女は”武”を極めることができずに悩んでいます。

彼女は、伊織と共に戦う中で、”武”に関する様々なことを学んでいきます。

最強の武芸者を極めるための新たな戦いが描かれているバトル漫画です。

(C)我間乱 -修羅-

「我間乱 -修羅-」を読んでみる

「忍者」が登場する

NARUTO -ナルト-

ナルトは、「木ノ葉隠れの里」の忍術学校に通う、忍び見習いです。

元気な悪戯好きの少年であり、今日も悪戯三昧で、里の人たちに迷惑をかけています。

彼には両親が居らずに”天涯孤独”で、他人に構って欲しい”寂しさ”もまた悪戯に拍車をかけています。

(C)NARUTO -ナルト-

そんなナルトには、里のトップである”火影”になるという夢があります。

忍術の才能はありませんが、持ち前のど根性で、行く手を阻む敵を倒していきます。

誰にも愛されていなかった孤独な少年が、仲間を増やし、”火影”へとなるまでも物語を見ることができるバトル漫画です。

(C)NARUTO -ナルト-

「NARUTO -ナルト-」を読んでみる

BORUTO -ボルト-

舞台は忍界大戦終了後の世界で、ナルトが木の葉の里の火影になった後の平和な時代です。

少年だったナルトたちも父親となり、指導者の立場となっていました。

ナルトとヒナタの息子であるボルトは、偉大な父親とその伝説に対して鬱屈とした気持ちを抱えて生活をしています。

自分や妹を蔑ろにするナルトに対しても不満を抱えていました。

(C)BORUTO -ボルト-

ボルトは、かつてのナルトと同じように忍者アカデミーに通っています。

その中で、仲間と共に忍術の修行をし、様々な任務をこなしていきますが、平和だと思われていた時代の中で、思わぬ事件に巻き込まれてしまいます。

ナルト世代の「次の世代」の姿を描いた物語を見ることができます。

(C)BORUTO -ボルト-

「BORUTO -ボルト-」を読んでみる

バジリスク ~甲賀忍法帖~

徳川家では、三代将軍の世継ぎ問題が発生してしまっていました。

この問題を解決するためにとった方法が、「甲賀の里」と「伊賀の里」の忍者たちによって、代理合戦をさせることでした。

代表者を選出し、十人対十人で殺し合いをし、生き残った里が勝利となります。

(C)バジリスク ~甲賀忍法帖~

「甲賀の里」の甲賀弦之介と「伊賀の里」の朧は、二つの違う里の忍びでありながら、互いを愛し合っています。

ところが2人は、この殺戮合戦に巻き込まれます。

弦之介と朧は、愛し合いながら殺し合う関係になってしまいます。

忍びたちによる”悲劇の戦い”と”過酷な運命”を見ることができる漫画となっています。

(C)バジリスク ~甲賀忍法帖~

「バジリスク ~甲賀忍法帖~」を読んでみる

バジリスク ~桜花忍法帖~

『バジリスク ~甲賀忍法帖~』から、十年の月日が流れた時代が物語の舞台です。

大決戦をした甲賀と伊賀忍者は和解をして、平和な暮らしをしていました。

少年少女ながら、それぞれの里の若き棟梁である甲賀八郎と伊賀響が物語の主人公です。

彼らは許嫁として、将来のことを誓い合った中です。

(C)バジリスク ~桜花忍法帖~

しかし、そんな平和な暮らしは、突如現れた謎の力を操る「成尋衆」によって壊されます。

八郎と響に秘められた力である「桜花」を狙い、里を襲撃してきました。

彼らの襲撃によって、響は生きながらにして体がバラバラの動けない状況にされてしまいました。

(C)バジリスク ~桜花忍法帖~

響の体を取り戻すために、八郎は6年の修行の時を経て、「成尋衆」の元へ向かいます。

彼らに協力してくれる仲間たちと共に恐るべき戦いを挑んでいきます。

『バジリスク ~甲賀忍法帖~』後の世界での、新たな忍者同士の大合戦が見られる漫画となっています。

(C)バジリスク ~桜花忍法帖~

「バジリスク ~桜花忍法帖~」を読んでみる

「妖怪」が登場する

夏目友人帳

夏目貴志は、”妖怪”がはっきりと見えてしまう高校生です。

そして、なぜか妖怪たちに命を狙われ続けていました。

それは、夏目のおばである”夏目レイコ”が妖の名前を蒐集した、「友人帳」が原因でした。

(C)夏目友人帳

友人帳には、使うと名前が書かれた妖怪を使役することができる強力な力が備わっていました。

夏目は、この友人帳から、妖怪たちに名前を返却していくことを決めます。

普段は猫のような見た目をしている”ニャンコ先生”に協力をしてもらいつつ、妖と人間の間に起こるトラブルを解決していきます。

妖怪との心温まるエピソードの数々がみられる漫画です。

(C)夏目友人帳

「夏目友人帳」を読んでみる

化物語

空から落ちてきた少女を受け止めた男子高校生の阿良々木暦。

彼が受け止めた戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが全くと言っていいほどありませんでした。

彼女は、この世のものではない怪異に取り憑かれていました。

(C)化物語

阿良々木暦は、彼もまた”吸血鬼”の怪異に取り憑かれた者でした。

そして、戦場ヶ原ひたぎの怪異を取り払う過程で、仲を深めていきます。

ひたぎ以外にも、怪異に関する悩みを抱えた少女たちが阿良々木暦を頼ってきます。

「怪異」を巡る少年少女の物語を見ることができます。

(C)化物語

「化物語」を読んでみる

虚構推理

桜川九郎と岩永琴子の一組の男女には、それぞれの生い立ちに”妖怪”にまつわる秘密があります。

桜川九郎は、「不死身の身体」と「未来を決定できる力」を所持してます。

この力は、自分の一族によって食べさせられた”人魚”と”くだん”の肉によって宿った力です。

彼は、この体質によって、妖たちに異常なまでに恐れられた人間となってしまっています。

(C)虚構推理

一方の岩永琴子は、右目には義眼、左足には義足をはめています。

これは、妖怪たちの相談役である「知恵の神」になる契約によって失ったものです。

彼女はいつも、怪異たちに頼られています。

(C)虚構推理

2人は、琴子に持ち込まれる怪異たちからの相談から始まって、自分たちの力を使って、人間と怪異の間に生じたトラブルを解決していくことになります。

妖怪や幽霊にまつわる「謎」を推理していくミステリー漫画です。

(C)虚構推理

「虚構推理」を読んでみる

幽☆遊☆白書

学校一の不良・浦飯幽助は、道路に飛び出した子供を助けたために車に惹かれて死んでしまいました。

しかし、ここで幽助の人生は終わらずに、彼は幽霊となります。

そして、死後の世界の水先案内人のぼたんです。

実は、幽助は死ぬ予定ではなく、彼はその予定外の死を取り消すために「試練」を受けることになります。

(C)幽☆遊☆白書

幽助は一度死んだことをきっかけにして、幽霊や妖怪たちのいる世界に関わることになっていきます。

そして、人間界に敵対し、人間に害をなす妖怪たちと戦っていくことになります。

『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博による漫画です。

”霊界探偵”として活躍をしていく幽助の姿を見ることができます。

(C)幽☆遊☆白書

「幽☆遊☆白書」を読んでみる

犬夜叉

神社に住む女子中学生のかごめは、ある日、自分の家にある井戸の中から現れた妖怪によって、井戸の中へと引き込まれてしまいます。

井戸から出ると、そこは妖怪たちが跋扈する戦国時代の日本でした。

タイムスリップした彼女は、ここで封印された半分妖怪、半分人間の「犬夜叉」の封印を解き、共に旅することになります。

(C)犬夜叉

旅の目的は砕け散った「四魂の玉のカケラ」を集めることです。

彼女らは、かけらを狙う妖怪たちを倒しつつ、「四魂の玉」を完成させようとしていきます。

戦国時代を舞台にした、妖怪たちの戦いを描いた漫画です。

(C)犬夜叉

「犬夜叉」を読んでみる

怪物事変

事件は、田舎の静かな村から始まります。

ここでは家畜が一晩の内に食い荒らされ、しかもその死体が酷く腐った状況で見つかっていました。

この謎の事件の解決を依頼され、村にやってきたのが「隠神怪物相談事務所」の探偵・隠神鼓八千です。

(C)怪物事変

彼は怪異や霊にまつわるオカルトな事件を専門とする探偵であり、彼自身の正体も「化狸」です。

この村で出会った半妖で、「泥田坊」と呼ばれる少年と共に、犯人の物の怪を見つけて事件を解決に導いていきます。

隠神鼓八千と彼の仕事を手伝う”妖怪の子供達”による怪異探偵漫画です。

(C)怪物事変

「怪物事変」を読んでみる

地獄先生ぬ~べ~

鵺野鳴介、通称「ぬ〜べ〜」は、小学校の”教師”兼”霊能力者”です。

普段はちょっと変わった、頼りない先生ですが、悪霊や妖怪がでてきて子供たちに害を及ぼすと、その表情は一変します

彼は命がけで闇の住人たちと戦って、子供たちを守ります。

(C)地獄先生ぬ~べ~

「ぬ〜べ〜」の力の源は、左手の鬼の力を封じ込めた「鬼の手」です。

普段は隠しているこの手の力を使って、闇の住人たちを倒していきます。

闇の住人たち相手に大立ち回りをする「ぬ〜べ〜」と、担当をするクラスの子供たちによる学園怪異漫画です。

(C)地獄先生ぬ~べ~

「地獄先生ぬ~べ~」を読んでみる

地獄先生ぬ~べ~NEO

本作では『地獄先生ぬ~べ~』からの続きの物語が見られます。

かつての「ぬ~べ~」の教え子たちもすっかりと大人になっていました。

そんな教え子の1人、稲葉郷子は新米教師として、「ぬ~べ~」と一緒になって教壇に立っています。

(C)地獄先生ぬ~べ~NEO

本作でも2人の教え子たちには、様々な妖怪や悪霊が襲いかかってきます。

稲葉郷子の力も借りつつ、「ぬ~べ~」は妖怪たちを鬼の手で倒していくことになります。

大人になった元5年3組の生徒たちも登場をしてきます。

何年経っても変わらずに、闇の住人たち相手に大立ち回りをする「ぬ〜べ〜」と新米教師の郷子、担当をするクラスの子供たちによる学園怪異漫画です。

(C)地獄先生ぬ~べ~NEO

「地獄先生ぬ~べ~NEO」を読んでみる

ぬらりひょんの孫

奴良リクオは、一見普通の少年ですが、妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継いでいます。

彼は生まれたときからずっと、妖怪に囲まれて育ってきました。

純粋な妖怪というわけではなく、4分の1だけ妖怪の血を継いでいて、学校へと通い、基本的には”人間”として生活をしています。

(C)ぬらりひょんの孫

リクオの家である「奴良組」には、様々な妖怪にまつわる事件が持ち込まれてきます。

リクオは奴良組の若頭として、ときに腕力で、ときに知恵を使い、組の妖怪の力も借りながら事件を解決していきます。

「人間」と「妖怪」の姿を使い分けることができる妖怪一家の若頭が主人公のバトル漫画です。

(C)ぬらりひょんの孫

「ぬらりひょんの孫」を読んでみる

邪眼は月輪に飛ぶ

東京に「ミネルヴァ」と呼ばれる一羽のフクロウが飛んでいました。

このフクロウには恐ろしい能力があり、それは「ミネルヴァ」に見られたものは誰でも一瞬で死んでしまうというものです。

「ミネルヴァ」によって、東京は壊滅、人類存亡の危機を迎えていました。

(C)邪眼は月輪に飛ぶ

軍隊でも歯が立たない「ミネルヴァ」を討伐するために、白羽の矢が立ったのは、1人の老人です。

彼は、かつて「ミネルヴァ」と決戦をし、家族を失いながらも殺す一歩手前まで追い詰めた実績がありました。

老人は使い慣れた銃を握り、東京へと向かっていきます。

最強すぎる能力を持ったフクロウと、それに立ち向かう”1人の男”の決闘を描いたダークファンタジー漫画です。

(C)邪眼は月輪に飛ぶ

「邪眼は月輪に飛ぶ」を読んでみる

「鬼」が登場する

鬼滅の刃

炭治郎は、炭を売ることで日銭を稼いで家族を養っている少年です。

いつものように街に炭を売りに行ったある日、家を襲った鬼によって家族を皆殺しにされてしまいます。

唯一、生き残った妹の禰豆子も鬼に変貌してしまい、正気を失ってしまいました。

(C)鬼滅の刃

それでも禰豆子を元に戻すため炭治郎は、鬼と戦う道を選びます。

様々な力を持った恐ろしい鬼たちと刀を振って戦っていきます。

鬼殺しとなった少年の、妹のことを想って戦う姿を描いた漫画です。

(C)鬼滅の刃

「鬼滅の刃」を読んでみる

オリエント

人間の国であった「日ノ本」は、突如飛来した未確認生命体の「鬼神」によって征服されてしまいました。

人々は、化け物である鬼神を信仰して生活をしています。

そんな鬼神たちに対して、唯一抗っている存在として「武士団」がいました。

(C)オリエント

武蔵と小次郎は、そんな武士団に憧れている少年です。

彼らは鬼を倒すことを目標にして日々鍛錬に励んでいます。

そして武の腕を磨いた武蔵が初めて鬼を切ったところから物語が動き始めます。

戦国時代を舞台にして、鬼たちと戦う「武士」たちの姿が描かれたバトルファンタジー漫画です。

(C)オリエント

「オリエント」を読んでみる

鬼灯の冷徹

人は死んだ後に「天国」か「地獄」へといきます。

地獄のトップは閻魔大王であり、その補佐をしているのが”閻魔大王第一補佐官”の鬼灯です。

主人公の鬼灯は広大な地獄で、鬼たちを束ねて毎日、大忙しで働いています。

(C)鬼灯の冷徹

鬼灯の性格はドSであり、部下たちはもちろん、上司の閻魔大王の尻も叩いて働かせています。

そのドSっぷりは、地獄にきた死者たちにも向いていて、日々、死者を苦しめる新たな地獄を考えています。

鬼灯のS具合がとにかくすごいです。

地獄で働く愉快な人々の日々が描かれている漫画です。

(C)鬼灯の冷徹

「鬼灯の冷徹」を読んでみる

屍鬼

物語の舞台は、199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村です。

ここで、三体の死体が発見されたところから物語が始まります。

検死の結果、彼らが死んだ順番がおかしく、最後の1人は他の死体とともに数日間、普通に生活をしたことが発覚します。

この後も村人たちが次々と死んでいってしまいます。

(C)屍鬼

外場村は、死んだ後に蘇生をし人間の血を吸う「屍鬼」たちによって、少しずつ侵略をされていきます。

「屍鬼」たちは突如現れ、この異変に一部の人間たちだけが気付きます。

このままでは、村人全員が殺されてしまう人間たちが抵抗を開始し、人間と屍鬼たちの全面戦争が開始されます。

とある田舎の村を舞台にした残酷な”悲劇”の物語がみられる漫画です。

(C)屍鬼

「屍鬼」を読んでみる

「幽霊」が登場する

SHAMAN KING ~シャーマンキング~

”シャーマン”とは、この世とあの世を結んで、神・精霊・死者の霊と交流する事が出来る不思議な能力を持った者たちです。

シャーマンは霊の力を借りることで病気の治療や政治、口寄せなどで、現世に力を及ぼしていました。

主人公の麻倉葉はそんなシャーマンの1人で、侍・阿弥陀丸を持霊としています。

(C)SHAMAN KING ~シャーマンキング~

世界には、人間の霊だけではなく、動物霊、精霊、鬼などの様々な霊がいます。

彼らを持霊とするシャーマンたちと、葉は霊を使って戦っていくことになります。

戦いの舞台は、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」です。

シャーマン同士の「激しく」「熱い」戦いの数々を見ることができます。

(C)SHAMAN KING ~シャーマンキング~

「SHAMAN KING ~シャーマンキング~」を読んでみる

シャーマンキング FLOWERS

本作では『SHAMAN KING ~シャーマンキング~』からの続きの物語が見られます。

シャーマンファイトから14年たち、麻倉葉たちは立派な大人となっていました。

彼らには子供がいて、主人公の麻倉花は、葉とアンナの一人息子です。

(C)シャーマンキング FLOWERS

『SHAMAN KING ~シャーマンキング~』で登場した人物や霊たちも、14年後の姿で登場をしてきます。

ここで麻倉家にまつわる因縁から、物語が始まります。

(C)シャーマンキング FLOWERS

英雄の父をもち、欝屈をした気持ちを持っていた花は、この戦いの中で自分の力や溜まっていた想いを爆発させていきます。

葉の子供達世代の新たな戦いが見られるバトルファンタジー漫画です。

(C)シャーマンキング FLOWERS

「シャーマンキング FLOWERS」を読んでみる

ゆらぎ荘の幽奈さん

冬空コガラシは、「己の拳で幽霊を殴る」がモットーの肉体派の霊能力者の少年です。

この力を使って、今までも幽霊を消し去ってきました。

そんなコガラシは、激安下宿のゆらぎ荘に引っ越しをしました。

幽霊がでるとの噂でしたが、さっさと殴って幽霊を追い出し、平和に暮らす計画でした。

ところがそこででたのが、美少女の幽霊・湯ノ花幽奈でした。

(C)ゆらぎ荘の幽奈さん

美少女を殴るわけにもいかないコガラシは、結局、幽奈と同じ部屋で生活をすることになります。

幽奈を始めとするゆらぎ荘の住人たちと、コガラシのドタバタ劇が見られるラブコメ漫画です。

(C)ゆらぎ荘の幽奈さん

「ゆらぎ荘の幽奈さん」を読んでみる

BLEACH

黒崎一護・15歳は、幽霊が見えて、触れて、話せる特異な体質を持った少年です。

この体質によって、幽霊にトラブルを相談をされて、それを解決したりとしています。

(C)BLEACH

そんな彼の目の前に、黒装束を着た「死神」を名乗る少女・ルキアが現れました。

「死神」は、人間の魂を喰う「虚」と呼ばれる悪霊を倒すのが仕事です。

そんな彼女と話す途中で、「虚」に襲われた一護は、ルキアから力を受け取り、「死神」になる力を手にします。

(C)BLEACH

一護は、「死神」として人間に害をなす「虚」たちと戦っていくことになります。

黒装束に日本刀が特徴的な死神たちの戦いを描いたバトルファンタジー漫画です。

(C)BLEACH

「BLEACH」を読んでみる

青の祓魔師

主人公の奥村燐は、養父である獅郎によって修道院で育てられた子です。

獅郎は”神父”であるということ以外にも、この世に現れ災厄をもたらす悪魔をはらう”高名な祓魔師”という顔もあります。

獅郎は、燐たちを立派に育ててつつも、燐の”出生の秘密”から生じる”危険”から燐を守っていました。

(C)青の祓魔師

燐の”出生の秘密”とは、実は彼が悪魔たちの親玉であるサタンの息子であるということでした。

彼は力を封じられて、”人間”として生活をしています。

しかし突如として、サタンが現世に現れて燐のことを連れ去ろうとします。

(C)青の祓魔師

親であるサタンと敵対することを決意した燐は、戦う力を手に入れるために私立正十字学園で学び、一人前の”祓魔師”になるための修行を開始します。

人間として育てられたサタンの子が悪魔たちと戦うバトル漫画です。

(C)青の祓魔師

「青の祓魔師」を読んでみる

喰霊

やる気なさげな高校生の弐村剣輔には、幽霊を見ることができます。

たまに霊に関するちょっとしたトラブルは起こるものの、普段は平和な日常を過ごしていました。

(C)喰霊

ところが、龍のような見た目をした霊獣「白叡」を操る少女・土宮神楽にぶつかったところから彼の人生が一変してしまいます。

神楽は環境省極秘機関・超自然災害対策室に雇われて霊魂を退治していました。

弐村は、そんな彼女の仕事に付き合わされていくことになります。

悪霊たちと超自然災害対策室の面々との戦いを描いたバトルファンタジー漫画です。

(C)喰霊

「喰霊」を読んでみる

恋愛怪談サヨコさん

着物を着ている和風少女のサヨコさんには、とある特殊体質があります。

それは、自分に幽霊を取り憑かせることができることです。

彼女は、この体質を使って地縛霊などの彷徨う霊を受け入れ続けていて、取り憑いた霊の数は800体を超えてしまっています。

(C)恋愛怪談サヨコさん

この霊たちによってサヨコさんは、まともな日常生活を送ることができません。

彼女に関わる人々にも霊たちの影響で不幸が降りてきます。

ところが、貧乏大学生・稲葉くんは、サヨコさんの霊から身を守ることができる体質でした。

そんな稲葉くんに恋をしてしまったサヨコさんが、彼を追いかけて...といった形でストーリーが展開をしていきます。

霊にまつわるサヨコさんと稲葉くんのトラブルだらけの日々を見ることができます。

(C)恋愛怪談サヨコさん

「恋愛怪談サヨコさん」を読んでみる

呪術廻戦

世界には”呪い”と呼ばれる恐ろしいものたちがいます。

人間から流れ出た負の感情によるものであり、この”呪い”によって毎年数多くの死者たちがでています。

そんな”呪い”に対抗をする人間側の力として”呪術師”たちがいます。

(C)呪術廻戦

虎杖悠仁は、そんな”呪い”のこもった呪物である”指”を体に取り込むことによって自身が”呪い”となってしまいます。

呪術師たちに命を狙われる危険な存在となってしまった虎杖でしたが、残りの”指”を全部体に取り込むまでは、執行猶予として、殺されずにすむことになります。

こうして、虎杖の”呪い”との戦いが始まることになります。

自分が”呪い”でありながらも、呪術師として様々な呪いたちとの壮絶な戦いが見られる漫画です。

(C)呪術廻戦

「呪術廻戦」を読んでみる

「将棋・囲碁」が題材

3月のライオン

桐山零は、15歳でプロの将棋棋士になった将来を期待されている”天才棋士”です。

現在17歳の彼は、「高校生」と「将棋棋士」の二足の草鞋を履いています。

幼い頃に両親を亡くたので一人暮らしをし、学校に通いながら、仕事をしてと忙しい日々を送っています。

(C)3月のライオン

主人公の桐山は、将棋棋士だということを除けば、”普通に悩み”、”普通の生活”をしているただの少年です。

彼を見守る優しい棋士の先輩や暖かな知人たちに囲まれて、つまずきながらも日々成長をしています。

”棋士”と”学生”の2つ顔を持つ少年の日々を描いた青春漫画です。

(C)3月のライオン

「3月のライオン」を読んでみる

ヒカルの碁

小学六年生の進藤ヒカルは、祖父の蔵で古い碁盤を見つけます。

このことで、ヒカルは碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊に取り憑かれることになります。

ヒカルは四六時中、佐為と一緒に過ごすことになってしまいました。

佐為に拝み倒されて、ヒカルは囲碁を打ち始めることになります。

(C)ヒカルの碁

囲碁初心者のヒカルは、ゼロから囲碁のルールを覚えていきます。

ヒカルにしか声が聞こえない佐為の支持を聞いて、代わりに打つこともあります。

しかし、佐為の常人離れした強さが、現世の囲碁界で思わぬトラブルを巻き起こしていくことになります。

ヒカルが、一人前の囲碁棋士になるまでの日々と成長する姿を描いた囲碁漫画です。

(C)ヒカルの碁

「ヒカルの碁」を読んでみる

「百人一首」が題材

ちはやふる

小学六年生の頃の綾瀬千早は、転校生の綿谷新と出会います。

そして、彼に教えられて競技かるたである「百人一首」の世界にのめり込んでいくことになります。

幼馴染の真島太一と3人でチームを組み、大会に出場、一生の思い出として胸に刻まれることになります。

(C)ちはやふる

ときは流れ高校生となった千早は、美人だけで動いたりしゃべったりすると残念な「無駄美人」と呼ばれています。

そして、いまだに「百人一首」を続けていて、競技かるた部を作ろうと動き出していました。

彼女の周りには、共にかるたに熱中をする仲間たちが集まってきます。

千早の札を取る姿がかっこいい、青春競技かるた漫画です。

(C)ちはやふる

「ちはやふる」を読んでみる

「川柳」が題材

川柳少女

雪白七々子は少し口下手な女子高生です。

文芸部に所属をしていて、言いたいことは全て五七五の川柳で伝えてきます。

そんなちょっと変わった”川柳少女”が主人公の漫画です。

(C)川柳少女

毒島エイジは、七々子と同じく文芸部に所属をしている男子高生です。

見た目がヤンキーっぽくて怖いのですが、実は心優しくて、彼も川柳を愛しています。

エイジと彼に好意を抱いている七々子は、2人は毎日、様々な川柳を読み上げていきます。

そんな2人を中心にした、川柳まみれの学園生活が描かれた4コマラブコメ漫画です。

(C)川柳少女

「川柳少女」を読んでみる

「和食」が題材

異世界居酒屋「のぶ」

もしも、現代日本にある普通の居酒屋の入り口が異世界に繋がってしまったとしたら...。

そんなif設定を元にして、物語は進んでいきます。

寂れた商店街の一角にある居酒屋「のぶ」は、異世界の帝国の古都・アイテーリアに繋がっています。

店は今日も異世界の常連客たちによって賑わっています。

(C)異世界居酒屋「のぶ」

出て来る料理は、枝豆、おでん、若鶏の唐揚げ、チキン南蛮、ナポリタン、湯豆腐、天ぷらと現世ではありふれた料理です。

それでも異世界の人たちには未知の料理であり、彼らは新鮮なリアクションで料理を味わっていきます。

普通の居酒屋に、異世界住人が魅了されていくグルメ漫画です。

(C)異世界居酒屋「のぶ」

「異世界居酒屋「のぶ」」を読んでみる

異世界おもてなしご飯

24歳のOL・小鳥遊茜は、一軒家で妹のとひよりと2人っきりで生活をしていました。

そこで、「聖女」であったらしい妹に巻き込まれて、家ごと異世界へと召喚されてしまいます。

全てのことが終わるまで帰れなくなってしまった2人は、妹は「聖女」としての修行を、姉は「家でのんびり」と生活をしながら、異世界で生きていきます。

(C)異世界おもてなしご飯

しかし、ただ巻き込まれただけの茜には特にやることがあるわけではありません。

そこで、異世界でもお姉ちゃんのご飯が食べたい!」と駄々をこねる妹のために、美味しい料理を作っていくことになります。

舞台は異世界ですが、作るのは普通の家庭料理です。

妹や異世界の住人達のために、美味しい料理を作っていくグルメファンタジー漫画です。

(C)異世界おもてなしご飯

「異世界おもてなしご飯」を読んでみる

「温泉」が題材

異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる

男子高校生の草津熱海は、目が覚めると自分の体が異世界の”温泉のお湯”となってしまっていました。

動けず、しゃべれずに、身体の感覚もなく、何もすることができない状況です。

困っていたところに現れた異世界の美少女が、自分の温泉の中に入ってくれたことによって状況が変わります。

(C)異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる

彼は温泉なのですが、ただの温泉ではなく、人が入ってくれれば入ってくれるだけレベルアップできる仕様です。

何とか自分の力を蓄えるために、人を集めて、豪華な温泉へと進化していくことを目指していきます。

主人公が”温泉”で、異世界美少女たちと裸のお付き合いをしていくことになる転生系の異世界ファンタジー漫画です。

(C)異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる

「異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる」を読んでみる

「薙刀」が題材

あさひなぐ

「薙刀は高校部活界のアメリカンドリームなのよ!!」

そんな言葉に、感激して運動経験ゼロの東島旭は、高校に入学してから”なぎなた”を始めます。

憧れの先輩・宮路真春のような「強い女」を目指して、今日もなぎらたの練習に励みます。

しかし、入部後には、甘い勧誘文句とは全く違う過酷な現実が待ち受けていました。

(C)あさひなぐ

薙刀に熱中する女子高生たちに焦点を当てた「なぎなた漫画」です。

旭は、悔しさのあまり何度も何度も泣きながらも、もう一度立ち上がって薙刀を振り続けています。

青春を”薙刀”にかけた女子高生たちの姿がかっこいいです。

(C)あさひなぐ

「あさひなぐ」を読んでみる

「相撲」が題材

火ノ丸相撲

主人公の潮火ノ丸は、”相撲バカ”の少年です。

”相撲”が大好きで、頭の中は”相撲”のことばかり、高校に入って真っ先に向かったのはもちろん相撲部です。

彼は、弱小である「大太刀高校相撲部」に入部することになりました。

(C)火ノ丸相撲

潮には背が低すぎるとの弱点があり、これは相撲においては圧倒的に不利に働いてしまいます。

それでも、潮はこの体格差を技と情熱でひっくり返し、大男たちをバサバサとなぎ倒していきます。

横綱目指して、相撲に熱中していく少年の姿を描いた「相撲部」漫画です。

(C)火ノ丸相撲

「火ノ丸相撲」を読んでみる

異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが

二場所連続優勝を果たした力士の大関・高良山は、念願の横綱昇進を確実なものにしました。

ところがその勝利を決めた土俵から異世界へと召喚されてしまうことになります。

高良山は、異世界でそのままモンスターたちと戦う羽目になってしまいます。

(C)異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが

異世界に召喚された高良山には特殊な力が与えられていました。

それは、倒したモンスターを美味しい“ちゃんこ”へと調理するためのものです。

彼は様々な種類の“ちゃんこ”を作り、異世界の住人たちに振舞っていきます。

(C)異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが

最初はモンスターを食べるという行為にひき気味だった人々も、”ちゃんこ”の美味しさに魅了をされていきます。

力士が異世界を旅する中で、モンスターを倒して、”ちゃんこ”を作る異世界グルメファンタジー漫画です。

(C)異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが

「異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが」を読んでみる

「日本兵」が登場する

ゴールデンカムイ

杉元佐一は、日露戦争で鬼神の如き武功から”不死身の杉元”と呼ばれた兵士です。

彼は金が欲しくて、金を求めてゴールドラッシュに沸いた北海道へとやってきていました。

その地で、アイヌが隠した莫大な埋蔵金、およそ八億円分の金塊が隠されているとの噂を耳にします。

杉元は、このアイヌの埋蔵金探しをすることになります。

(C)ゴールデンカムイ

その中で、出会ったアイヌの少女・アシㇼパと手を組み、共に行動をすることになります。

彼女は、埋蔵金に纏わることで父を殺されていました。

2人は、極寒の地・北海道で、サバイバル生活をしながら、同じく金を狙う者たちと戦っていくことになります。

森林の中でとれる自然の素材を存分に使った”アイヌ料理”も魅力の漫画です。

(C)ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」を読んでみる

               
MENU TOPへ