今、読むべきおすすめ漫画はコレだ!

【2019年版】おすすめの「夏漫画」はコレだ!

               

「夏漫画」とは、夏の時期を物語の舞台にした漫画です。

海で物語が進んでいったり、甲子園を目指したりとする”夏”の物語を楽しめます。

アニメ化やドラマ化、実写映画化されたような名作、人気作があります。

管理人が読んだ少年漫画・少女漫画・青年漫画の連載中や完結済み作品の中から、おすすめの面白い漫画のみを厳選して紹介します。

この記事をぜひ、参考にしてみてください。

サマータイムレンダ

幼馴染の小舟潮が死んだとの訃報を受け、慎平は故郷の和歌山市・日都ヶ島に帰ってきました。

日都ヶ島は人口700人ほどの小さな島です。

潮の死から始まって、この島で恐ろしい事件が起きていきます。

(C)サマータイムレンダ

潮は、首を絞められたことよって殺されたとの話を聞きます。

彼女を殺したのは何者かを追う中で、慎平は全く同じ顔の潮が”2人”いたとの証言を聞きます。

ここから始まって、慎平は”2人目”の島の住人たちに命を狙われ、殺されてしまいます。

(C)サマータイムレンダ

しかし、死後になぜか島に来る前までタイムリープした潮は、何度も”死に戻り”をしながら、島の不可解な事件を解決していくことになります。

何度も同じ時間を繰り返しながらも、島に潜む化け物たちと戦っていく離島サスペンス漫画です。

(C)サマータイムレンダ

「サマータイムレンダ」を読んでみる

ソウナンですか?

女子高生4人組は、飛行機の墜落事故に巻き込まれて海へ放り出されました。

そして、死に物狂いでたどり着いた陸地は、”無人島”でした。

彼女らは、この島でサバイバル生活をすることになってしまいます。

この4人の中には幸運なことに、サバイバルを愛して、世界中でサバイバル生活を経験して、サバイバルに慣れ親しんでいる”鬼島ほまれ”がいました。

(C)ソウナンですか?

ほまれの豊富なサバイバルに関する知識を使い、セミ、ヤドカリ、バッタなどの”普段は絶対に食べない生物”を食べ、寝るための拠点を作り、生き延びていきます。

ほまれ以外の3人は普通の女子高生で、慣れないサバイバル生活に翻弄されていくことになります。

女子高生たちが無人島で生活していく姿を描いた「青春サバイバル漫画」です。

(C)ソウナンですか?

「ソウナンですか?」を読んでみる

サマーウォーズ

「OZ」というインターネット上にいる仮想世界で、人々は自分のアバターを使って生活をしています。

ゲーム、ショッピング、ビジネス、各種公的手続きまで、何でも行うことができる便利な世の中になっています。

世界は、「OZ」なくては回らないほどに、「OZ」に依存しています。

(C)サマーウォーズ

そんな世界で、「OZ」のシステム保守点検の末端の末端としてアルバイトしているのが小磯健二、高校2年生です。

彼は、憧れの先輩である夏希に頼まれて、泊まり込みのアルバイトとして彼女の曾祖母の実家に行くことになります。

(C)サマーウォーズ

しかし、このバイト内容が夏希の「フィアンセ」のフリをする事であり、大勢の親戚一同の前に健二は「嘘の彼氏役」をする羽目になってしまいます。

さらには、OZに関わる大事件も起きて、健二たちを巻き込んでいきます。

「夏」「田舎」「仮想空間」などのテーマが入り混じった一夏の戦いを描いたSF漫画となっています。

(C)サマーウォーズ

「サマーウォーズ」を読んでみる

最強!都立あおい坂高校野球部

高校三年生の夏、菅原鈴緒の通うは、甲子園予選に敗れてしまいました。

スタンドで涙する彼女を見て、彼女を「師匠」と慕う小学3年生の少年たちは、「オレが鈴ねえを甲子園に連れてってやるよ」と宣言しました。

そして、6年間のときが流れ、都立高校教師となり、野球部の女性監督になった鈴緒の元に、高校生となった少年たちが集まってきました。

彼らは、甲子園を目指した戦いを始めます。

(C)最強!都立あおい坂高校野球部

左のアンダースローで投球をする「キタロー」、チームの頭脳を担うキャッチャー「マサハル」、華麗にバットを振る「右京」、俊足の足を誇るモジャモジャ頭の「しんのすけ」、そして大きな体の強打者の「こてつ」が、チームに集った少年たちです。

彼らは、皆が強豪校に行けるほどの腕前の持ち主ですが、鈴緒を慕って弱小高校に進学しました。

ここから彼らの伝説が幕開けします。

甲子園への約束を叶えるために試合をしていく高校野球漫画です。

(C)最強!都立あおい坂高校野球部

「最強!都立あおい坂高校野球部」を読んでみる

波打際のむろみさん

フィッシング部の向島拓朗は、海で魚釣りをするのが趣味です。

そんな拓朗が、ある日釣ったのは人魚の”むろみさん”でした。

拓朗は、博多弁を話す人魚の”むろみさん”と、しょっちゅう会うようになります。

(C)波打際のむろみさん

むろみさんとの出会いをきっかけとして、拓朗は、様々な海の生物たちと関わりを持つようになります。

面白可笑しな、生物や人々がたくさん登場をしてきます。

”むろみさん”と愉快な仲間たちとドタバタ劇が見られるギャグ漫画です。

(C)波打際のむろみさん

「波打際のむろみさん」を読んでみる

南国トムソーヤ

狩野千晴は、東京から沖縄の離島・羽照那(はてな)島へと転校をしてきました。

そこは、東京とは違い緩やかな時間が流れる場所でした。

彼はここで、島の子供たちと一緒に過ごしていくことになります。

(C)南国トムソーヤ

そんな島の子供たちの1人が、我那覇竜胆です。

性格も育ってきた環境も全く違う2人でしたが、島の環境で一緒に遊んでいるうちに、心の距離を詰めていくことになります。

沖縄民族学ミステリーや海洋古代史ロマンまでが組み込まれている、沖縄の島の雰囲気を満喫できる作品です。

(C)南国トムソーヤ

「南国トムソーヤ」を読んでみる

ぐらんぶる

北原伊織は大学生になり、海沿いの街で一人暮らしを始めます。

輝かしい新生活を求めていたのですが、彼は裸で飲み会をするようなダイビングサークルに捕まってしまい、無理矢理サークルのメンバーにさせられます。

すぐに、このサークル馴染んでしまった伊織は、裸で騒ぐ大学生活を送ることになってしまいます。

(C)ぐらんぶる

伊織たちは基本的に飲んで騒いでいて、たまにダイビングもします。

サークル内には、可愛い女の子たちもいるのですが、裸で騒いでいる伊織はゴミのように扱われてしまいます。

全裸になることが癖となり、いつでもどこでも脱ぎまくります。

「裸」と「酒」と時々「海」な笑える漫画に興味がある人には、おすすめです。

(C)ぐらんぶる

「ぐらんぶる」を読んでみる

Another

榊原恒一は、父親の仕事の事情と持病のために、祖父母の家へと引っ越してきました。

転校をしてきた夜見山北中学の3年3組には、不穏な空気が流れています。

このクラスには、26年前に死んでしまった”ミサキ”という名の生徒の呪いがかかっていました。

3年3組は”死に近い”教室で、過去の「3年3組」では、一度”それ”が始まると次々と人が死んでいってしまいました。

(C)Another

左眼に眼帯をした見崎鳴は、3年3組の1人ですが、クラスメイト全員からそこに誰も”いない”ように扱われています。

榊原にのみ、彼女が見えているようにすら思えます。

榊原が見崎に話しかけてしまったことによって、クラス内に異変が起こり始めます。

「3年3組」をめぐり、悲劇の数々が起きていくホラー漫画です。

(C)Another

「Another」を読んでみる

りとうのうみ

沖縄の離島が物語の舞台です。

18歳の少女の小浜間海は、離島で生まれ育ってきました。

彼女はここに住んでいる人々や訪れる人々と共に、ゆっくりとした時間を過ごしています。

(C)りとうのうみ

この漫画の特徴としては、漫画全編がフルカラーであることです。

沖縄の美しい「海」や「自然」を、綺麗な絵で見ることができます。

島に暮らす人々の穏やかな日々を見ることができる漫画です。

(C)りとうのうみ

「りとうのうみ」を読んでみる

地球の放課後

黒い謎の生命体“ファントム”の出現によって、人々は次々と消されていってしまいました。

人類のほとんどが消え去り、残ったのは4人の少年少女だけです。

彼らは誰もいなくなった地球で生き抜いていくことになります。

(C)地球の放課後

川村正史は、残された最後の男です。

皆のことをまとめ上げながら、遠出したり、農作物を作ったりとして、ゆっくりとした日常を過ごしていきます。

物語が進む中で、人類を消し去った“ファントム”の正体も明らかになります。

人類がいなくなった地球を舞台にした、少年少女の物語を見られるSF漫画です。

(C)地球の放課後

「地球の放課後」を読んでみる

屍鬼

物語の舞台は、199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村です。

ここで、三体の死体が発見されたところから物語が始まります。

検死の結果、彼らが死んだ順番がおかしく、最後の1人は他の死体とともに数日間、普通に生活をしたことが発覚します。

この後も村人たちが次々と死んでいってしまいます。

(C)屍鬼

外場村は、死んだ後に蘇生をし人間の血を吸う「屍鬼」たちによって、少しずつ侵略をされていきます。

「屍鬼」たちは突如現れ、この異変に一部の人間たちだけが気付きます。

このままでは、村人全員が殺されてしまう人間たちが抵抗を開始し、人間と屍鬼たちの全面戦争が開始されます。

とある田舎の村を舞台にした残酷な”悲劇”の物語がみられる漫画です。

(C)屍鬼

「屍鬼」を読んでみる

山賊ダイアリーSS

本作では『山賊ダイアリー』の続きのコミックエッセイとなっています。

本作の作者の岡本健太郎は、「マンガ家」兼「現役猟師」です。

『山賊ダイアリー』では、主に「山」での狩猟生活の日々が描かれていますが、本作のメインの狩猟の舞台は「海」です。

(C)山賊ダイアリーSS

危険な海洋生物から逃げつつ、でっかい高級魚を狙って狩猟をしていきます。

とった魚は、美味しく調理されて作者の胃袋に収まっていきます。

メインは「海」ですが、海以外で狩猟をするシーンもあります。

「海」を舞台にした、マンガ家の楽しい狩猟生活を見ることができるサバイバル系のコミックエッセイです。

(C)山賊ダイアリーSS

「山賊ダイアリーSS」を読んでみる

BLACK LAGOON

旭日重工の会社員・岡島緑郎は、船で荷物を運んでいる途中に海賊に襲われます。

彼らは「ブラック・ラグーン」と名乗り、緑郎の運ぶ荷物を狙って襲ってきたのでした。

緑郎は身代金を手に入れる目的で、海賊たちの人質となって拉致されてしまいます。

(C)BLACK LAGOON

しかし、緑郎はあっさりと、会社に見捨てられてしまいます。

このトラブルの中で、彼は思わぬ才能を発揮し、トラブルを乗り越えます。

彼は、この実績から「ブラック・ラグーン」にスカウトされ、働くことになりました。

治安の悪い東南アジアの片隅で、アウトローたちの中で生きていく日本人の姿を描いた漫画です。

(C)BLACK LAGOON

「BLACK LAGOON」を読んでみる

BTOOOM!

日々を無為に過ごすニートの坂本竜太は、突如見知らぬ男たちの手によって”南海の孤島”に連行されてしまいます。

彼は、同じく強制的に島に連れてこられた人間と共に殺し合いのゲームに参加をさせられることになります。

ゲームの名前は、『BTOOOM!』で、爆弾を使った殺し合いをしていきます。

(C)BTOOOM!

プレイヤーが使える”BIM”と言う名の爆弾の種類は8種類あります。

時限式、リモコン式、追尾タイプなどの種類の爆弾があり、これらを使い分けることでゲームを有利に進めることができます。

ゲームクリアする条件は、7人分の腕に埋め込まれたチップを集めることです。

孤島での爆弾を使った殺し合いをする人々の姿が見られるサバイバルバトル漫画です。

(C)BTOOOM!

「BTOOOM!」を読んでみる

MAJOR

吾郎は、父親のようなプロの野球選手になることを夢見る野球少年です。

少しでも野球が上手くなるようにと今日も練習に励んでいます。

本作では、五郎が「リトルリーグ」でプレーするところからプロで活躍するところまで、その野球人生を追いかけていくことができます。

(C)MAJOR

「リトルリーグ編」「中学校編」「高校編」「メジャーリーグ編」「プロ編」などに別れています。

どのカテゴリーでも吾郎は、情熱を持って野球に専念していきます。

完結をしていて、続編の『MAJOR 2nd』に続きます。

(C)MAJOR

「MAJOR」を読んでみる

MAJOR 2nd

本作では『MAJOR』からの続きの物語が見られます。

吾郎の息子・大吾は、父と同じように野球を始めました。

ところが、才能のなさと二世だとの周りからのプレッシャーに負けて野球をやめてしまいます。

(C)MAJOR 2nd

そんな、大吾の元に吾郎のライバルである佐藤寿也の息子・光が現れました。

彼の影響を受けて、説得に応じた大吾は、またグランドへと戻っていくことになります。

”天才の息子”の野球人生を描いた野球漫画です。

(C)MAJOR 2nd

「MAJOR 2nd」を読んでみる

インゴシマ

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまいました。

海に放り出されながらも、なんとか生き延びた彼らがたどり着いたのは、海図に載っていない「謎の島」でした。

彼らは、この島の中で人生最大の恐怖を体験することになってしまいます。

(C)インゴシマ

この島に住んでいるのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」たちでした。

突如現れた「シマビト」たちは、高校生たちを次々と襲っていきます。

高校生たちは、生き延びたいがために、命がけで「シマビト」たちと戦っていくことになります。

その中で、島の謎も徐々に明らかになっていきます。

不気味な民族の住む島を舞台にしたサバイバル漫画です。

(C)インゴシマ

「インゴシマ」を読んでみる

エデンの檻

グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちの高校生一行は原因不明の飛行機事故に見舞われてしまいました。

墜落をした飛行機は、謎の島に墜落をしました。

この島はただの島ではなく、絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島でした。

(C)エデンの檻

動物たちはアキラたち、高校生に襲いかかってきます。

さらには、生き残った人間同士での殺し合いもおきてしまいます。

アキラたちは、命がけでのサバイバル生活をしていくことになります。

謎の島を舞台にして、人々の残虐性が露わになるサバイバル漫画です。

(C)エデンの檻

「エデンの檻」を読んでみる

自殺島

主人公のセイは、自殺未遂をしましたが、死にきることができませんでした。

意識を取り戻したセイがあたりを見渡すと、そこは海に囲まれた孤島

その島は、「自殺島」と呼ばれる自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島でした。

(C)自殺島

この島には、セイ以外にも、自殺未遂をした者たちが集められています。

彼らは、国に見捨てられてこの島に捨てられてきた者たちです。

自殺未遂者たちは、この島で「死のうとする者」「生きようとする者」に別れます。

セイは「生きようとする者」として、島でのサバイバル生活をしていくことになります。

自殺志願者たちの第2の過酷な人生を描いたサバイバル漫画です

(C)自殺島

「自殺島」を読んでみる

火葬場のない町に鐘が鳴る時

「みとず町」は、人口6000人の山あいの小さな町です。

卯月勇人は家族と共に、10年ぶりに東京から「みとず町」に戻ってきました。

この町は完全に様変わりしてしまっていて、10年前にはなかった「とある現状」が起きていました。

(C)火葬場のない町に鐘が鳴る時

「みとず町」では夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響きます。

そして、この鐘の音と共に”冥奴様”と呼ばれる得体の知れない化け物たちが現れ、人間たちに襲いかかってきます。

”冥奴様”によって、勇人は10年ぶりに再会を果たした幼馴染の咲と共に、最悪の日々を送っていくことになってしまいます。

とある田舎町を舞台にした、鐘の音と共に恐ろしい現象が始まるホラー漫画です。

(C)火葬場のない町に鐘が鳴る時

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んでみる

ダイヤのA

元気で明るいことが取り柄で、投手の沢村栄純は、中学生では大会では特にいい成績を残せずに敗退をしてしまいました。

ところが、その試合をたまたま見ていた青道高校野球部からスカウトをされます。

彼は、高校で野球漬けの毎日を送るために「野球留学」をすることになります。

(C)ダイヤのA

高校に入学すると、そこには日本中から集められた野球エリートたちがいました。

栄純はチームメイトたちと切磋琢磨しながら、高校野球界で旋風を巻き起こしていくことになります。

「ポジションはピッチャー」「武器はくせ球」「目指すはエース」の元気な少年が主人公の高校野球漫画です。

完結をしていて、続編の『ダイヤのA actⅡ』に続きます。

(C)ダイヤのA

「ダイヤのA」を読んでみる

ダイヤのA actⅡ

本作では『ダイヤのA』からの続きの物語が見られます。

2年生となった沢村栄純は、目標であった「センバツ甲子園」デビューを果たします。

マウンドを任された栄純は、ピッチャーとしてますます磨きがかかった「くせ球を武器」にボールを投げていきます。

(C)ダイヤのA actⅡ

チームとして目指すのは、全国野球部の頂点です。

優勝を目指して、頼れる先輩、後輩などのチームメイトたちと共に、難敵たちに挑んでいきます。

甲子園を舞台にした、沢村栄純や青道高校野球部の面々の姿が見られる高校野球漫画です。

(C)ダイヤのA actⅡ

「ダイヤのA actⅡ」を読んでみる

               
MENU TOPへ