今、読むべきおすすめ漫画はコレだ!

【2019年版】おすすめの「侍漫画」はコレだ!

               

「侍漫画」とは、日本刀を持った”侍”が登場をしてくる漫画です。

物語の中で、”侍”がかっこいい姿で活躍をしていきます。

アニメ化やドラマ化、実写映画化されたような名作、人気作があります。

管理人が読んだ少年漫画・少女漫画・青年漫画の連載中や完結済み作品の中から、おすすめの面白い漫画のみを厳選して紹介します。

この記事をぜひ、参考にしてみてください。

るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー

物語は、明治11年の東京下町から始まります。

廃刀令が出されて、侍たちは刀を所持することができなくなっていました。

そんな時代にも関わらずに、流浪人・緋村剣心は刀を所持して旅をしています。

そして、神谷活心流道場師範代の神谷薫に、最近、街によく現れる”辻斬り”と間違われてしまったところから物語が始まります。

(C)るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー

実は剣心の正体は、維新志士の中で最強無比の伝説をもつ「人斬り抜刀斎」でした。。

今では、不殺の掟を己に課して、それを守り続けています。

しかし、彼の過去である「人斬り抜刀斎」だった頃の因縁が、剣心を事件に巻き込んでいきます。

侍がいなくなりつつある時代の流浪人・剣心の熱い戦いを描いたバトル漫画です。

(C)るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー

「るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー」を読んでみる

るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―

本作では『るろうに剣心 ー明治剣客浪漫譚ー』からの続きの物語が見られます。

明治十六年の東京で、緋村剣心は、妻・薫、息子・剣路と平穏に日々を過ごしていました。

そんなある日、一枚の写真から薫の亡父・越路郎が北海道で生きていることが判明します。

剣心たちは、北海道へと向かい新たな戦いに巻き込まれていくことになります。

(C)るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―

北海道の地には、過酷な大地で強く生きる少年”悪太郎”がいました。

”悪太郎”とその仲間たちは、旅をしている剣心たちと出会い、共に行動をすることになります。

彼らも剣心一行の旅に加わり、強敵たちと戦っていくことになります。

北海道を舞台にした、新たな剣心たちの姿を見ることができるバトル漫画です。

(C)るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―

「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚・北海道編―」を読んでみる

オリエント

人間の国であった「日ノ本」は、突如飛来した未確認生命体の「鬼神」によって征服されてしまいました。

人々は、化け物である鬼神を信仰して生活をしています。

そんな鬼神たちに対して、唯一抗っている存在として「武士団」がいました。

(C)オリエント

武蔵と小次郎は、そんな武士団に憧れている少年です。

彼らは鬼を倒すことを目標にして日々鍛錬に励んでいます。

そして武の腕を磨いた武蔵が初めて鬼を切ったところから物語が動き始めます。

戦国時代を舞台にして、鬼たちと戦う「武士」たちの姿が描かれたバトルファンタジー漫画です。

(C)オリエント

「オリエント」を読んでみる

銀魂

突如、宙から舞い降りた宇宙人の「天人」によって、江戸の町は侵略をされてしまいました。

廃刀令によって刀を失い、侍たちも衰退の一途をたどっていました。

そんな江戸で、何でも屋の”万屋”をしているのが坂田銀時です。

(C)銀魂

甘党で、適当な男の坂田銀時は、行き当たりばったりな人生を送っています。

戦闘種族の少女・神楽や道場復興を目指すメガネの志村新八と共に、適当なスタンスで様々な依頼の解決に挑んでいきます。

「シリアスなパート」と「ギャグパート」の2つのタイプの物語があります。

江戸を舞台にした侍たちによる、ギャグとバトル両方が楽しめる漫画です。

(C)銀魂

「銀魂」を読んでみる

雪花の虎

”上杉謙信”と言えば、戦国時代に活躍をした、毘沙門天の化身とされる人気の武将です。

そんな、”上杉謙信”が女だったとしたら...、そんなifストーリーを楽しめる漫画です。

物語は”上杉謙信”が生まれたところから始まります。

男として生まれることを期待されていた彼女は父によって”虎千代”と名付けられ、不甲斐ない兄の代わりに姫武将として育てられることになりました。

(C)雪花の虎

男のように育てられた”虎千代”は、周囲の期待通りに男勝りな子として育っていきます。

そして、戦いの中で”戦さの才能”に目覚めていくことになります。

女武将・上杉謙信”が、戦国時代の戦いの中で生きていく勇ましい姿が見られる歴史漫画です。

(C)雪花の虎

「雪花の虎」を読んでみる

SHAMAN KING ~シャーマンキング~

”シャーマン”とは、この世とあの世を結んで、神・精霊・死者の霊と交流する事が出来る不思議な能力を持った者たちです。

シャーマンは霊の力を借りることで病気の治療や政治、口寄せなどで、現世に力を及ぼしていました。

主人公の麻倉葉はそんなシャーマンの1人で、侍・阿弥陀丸を持霊としています。

(C)SHAMAN KING ~シャーマンキング~

世界には、人間の霊だけではなく、動物霊、精霊、鬼などの様々な霊がいます。

彼らを持霊とするシャーマンたちと、葉は霊を使って戦っていくことになります。

戦いの舞台は、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」です。

シャーマン同士の「激しく」「熱い」戦いの数々を見ることができます。

(C)SHAMAN KING ~シャーマンキング~

「SHAMAN KING ~シャーマンキング~」を読んでみる

シャーマンキング FLOWERS

本作では『SHAMAN KING ~シャーマンキング~』からの続きの物語が見られます。

シャーマンファイトから14年たち、麻倉葉たちは立派な大人となっていました。

彼らには子供がいて、主人公の麻倉花は、葉とアンナの一人息子です。

(C)シャーマンキング FLOWERS

『SHAMAN KING ~シャーマンキング~』で登場した人物や霊たちも、14年後の姿で登場をしてきます。

ここで麻倉家にまつわる因縁から、物語が始まります。

(C)シャーマンキング FLOWERS

英雄の父をもち、欝屈をした気持ちを持っていた花は、この戦いの中で自分の力や溜まっていた想いを爆発させていきます。

葉の子供達世代の新たな戦いが見られるバトルファンタジー漫画です。

(C)シャーマンキング FLOWERS

「シャーマンキング FLOWERS」を読んでみる

ドリフターズ

1600年、関ヶ原・烏頭坂で、島津豊久は、死を覚悟した最終決戦に挑んでいました。

重傷を負った彼は、不思議な力により、そのまま異世界へと飛ばされてしまいます。

そして、異世界へとたどり着いた「漂流物(ドリフターズ)」として、この世界で生きていくことになります。

(C)ドリフターズ

異世界は、エルフやドラゴンなどがいて、魔法がある世界です。

島津豊久は、織田信長や那須与一、さらには時代を超えて、世界中から集められた歴史上の偉人である「漂流物(ドリフターズ)」と共に、異世界の戦いに巻き込まれていくことになります。

偉人たちが、異世界で死闘を繰り広げていく姿が見られるダークファンタジー漫画です。

(C)ドリフターズ

「ドリフターズ」を読んでみる

我間乱~GAMARAN~

時代は江戸中期、海原藩の次期藩主を決めるための武芸仕合である”海原大仕合”が開催されることになりました。

最強の流派の使い手を連れてきたものが、次の藩主となることができます。

現藩主・鷲津直正の二十八男である鷲津直善は、”大亀流”を訪れます。

そこにいたのは、黒鉄我間、15歳でした。

(C)我間乱 ~GAMARAN~

彼は幼いながらも、大亀流の使い手として、大人の武芸者にも負けない力を持っています。

我間は、”大亀流”の兄弟子たちと共に、他の流派を会得した武芸者たちと、命がけの戦いをしていくことになります。

とある藩を舞台にした、日本刀、弓、槍などのあらゆる武器を使う、武芸者同士の戦いを見ることができる歴史系のバトル漫画です。

(C)我間乱 ~GAMARAN~

「我間乱 ~GAMARAN~」を読んでみる

我間乱 -修羅-

本作では『我間乱 ~GAMARAN~』からの続きの物語が見られます。

数多の武芸者が、“最強”を求め命を懸けた伝説の武芸仕合である”海原大仕合”から、2年の月日が経ちました。

天下無双と謳われた千石伊織の元に、徳川幕府より、戦いへの誘いが届きます。

敵は幕府が“最強”を決めるため選んだ100人の武芸者たちで、その戦いの名は“幕下百剣”です。

伊織は、この戦いに挑んでいくことになります

(C)我間乱 -修羅-

伊織に付き従うのは、剣に魅せられた一ノ瀬家の娘・蘭です。

女であるハンデを負ったが故に、彼女は”武”を極めることができずに悩んでいます。

彼女は、伊織と共に戦う中で、”武”に関する様々なことを学んでいきます。

最強の武芸者を極めるための新たな戦いが描かれているバトル漫画です。

(C)我間乱 -修羅-

「我間乱 -修羅-」を読んでみる

犬夜叉

神社に住む女子中学生のかごめは、ある日、自分の家にある井戸の中から現れた妖怪によって、井戸の中へと引き込まれてしまいます。

井戸から出ると、そこは妖怪たちが跋扈する戦国時代の日本でした。

タイムスリップした彼女は、ここで封印された半分妖怪、半分人間の「犬夜叉」の封印を解き、共に旅することになります。

(C)犬夜叉

旅の目的は砕け散った「四魂の玉のカケラ」を集めることです。

彼女らは、かけらを狙う妖怪たちを倒しつつ、「四魂の玉」を完成させようとしていきます。

戦国時代を舞台にした、妖怪たちの戦いを描いた漫画です。

(C)犬夜叉

「犬夜叉」を読んでみる

ぬらりひょんの孫

奴良リクオは、一見普通の少年ですが、妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継いでいます。

彼は生まれたときからずっと、妖怪に囲まれて育ってきました。

純粋な妖怪というわけではなく、4分の1だけ妖怪の血を継いでいて、学校へと通い、基本的には”人間”として生活をしています。

(C)ぬらりひょんの孫

リクオの家である「奴良組」には、様々な妖怪にまつわる事件が持ち込まれてきます。

リクオは奴良組の若頭として、ときに腕力で、ときに知恵を使い、組の妖怪の力も借りながら事件を解決していきます。

「人間」と「妖怪」の姿を使い分けることができる妖怪一家の若頭が主人公のバトル漫画です。

(C)ぬらりひょんの孫

「ぬらりひょんの孫」を読んでみる

喰霊

やる気なさげな高校生の弐村剣輔には、幽霊を見ることができます。

たまに霊に関するちょっとしたトラブルは起こるものの、普段は平和な日常を過ごしていました。

(C)喰霊

ところが、龍のような見た目をした霊獣「白叡」を操る少女・土宮神楽にぶつかったところから彼の人生が一変してしまいます。

神楽は環境省極秘機関・超自然災害対策室に雇われて霊魂を退治していました。

弐村は、そんな彼女の仕事に付き合わされていくことになります。

悪霊たちと超自然災害対策室の面々との戦いを描いたバトルファンタジー漫画です。

(C)喰霊

「喰霊」を読んでみる

信長のシェフ

ケンはフレンチの料理人ですが、気がつくと戦国時代の京都にタイムスリップをしていました。

料理のことも、歴史のことも覚えているのですが、なぜか自分に関する記憶がない状況です。

ケンはこの世界で自分の料理人としての腕前をふるって、料理を作っていきます。

(C)信長のシェフ

そんなケンの噂を聞きつけた織田信長によって、城へと連れて行かれます。

ケンは、織田信長の専属料理人として、第二の人生を送ることになりました。

戦国時代にはまだない料理の知識を用いて、様々な料理を作り、人々を驚かせていくことになります。

戦国時代にタイムスリップした料理人が主人公のグルメ漫画です。

(C)信長のシェフ

「信長のシェフ」を読んでみる

アシガール

速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生です。

いつも通りにダラダラと1日を過ごしていた唯でしたが、ある日、超天才の弟が発明をしたタイムマシンをうっかり起動させてしまいます。

こうして唯は、戦国時代に飛ばされて帰れなくなってしまいました。

(C)アシガール

彼女は、そのまま戦に巻き込まれて「足軽」になります。

さらには、ばったりと出会ったイケメンの”若君”に惚れてしまいます。

しかし、若君が史実で死んでしまうことを思い出してしまい、何とか彼を生き残らせようと命がけで守るために戦っていくことになります。

足軽女子高生が、戦国時代で大活躍していく姿を描いた物語が見られます。

(C)アシガール

「アシガール」を読んでみる

鬼滅の刃

炭治郎は、炭を売ることで日銭を稼いで家族を養っている少年です。

いつものように街に炭を売りに行ったある日、家を襲った鬼によって家族を皆殺しにされてしまいます。

唯一、生き残った妹の禰豆子も鬼に変貌してしまい、正気を失ってしまいました。

(C)鬼滅の刃

それでも禰豆子を元に戻すため炭治郎は、鬼と戦う道を選びます。

様々な力を持った恐ろしい鬼たちと刀を振って戦っていきます。

鬼殺しとなった少年の、妹のことを想って戦う姿を描いた漫画です。

(C)鬼滅の刃

「鬼滅の刃」を読んでみる

バジリスク ~甲賀忍法帖~

徳川家では、三代将軍の世継ぎ問題が発生してしまっていました。

この問題を解決するためにとった方法が、「甲賀の里」と「伊賀の里」の忍者たちによって、代理合戦をさせることでした。

代表者を選出し、十人対十人で殺し合いをし、生き残った里が勝利となります。

(C)バジリスク ~甲賀忍法帖~

「甲賀の里」の甲賀弦之介と「伊賀の里」の朧は、二つの違う里の忍びでありながら、互いを愛し合っています。

ところが2人は、この殺戮合戦に巻き込まれます。

弦之介と朧は、愛し合いながら殺し合う関係になってしまいます。

忍びたちによる”悲劇の戦い”と”過酷な運命”を見ることができる漫画となっています。

(C)バジリスク ~甲賀忍法帖~

「バジリスク ~甲賀忍法帖~」を読んでみる

バジリスク ~桜花忍法帖~

『バジリスク ~甲賀忍法帖~』から、十年の月日が流れた時代が物語の舞台です。

大決戦をした甲賀と伊賀忍者は和解をして、平和な暮らしをしていました。

少年少女ながら、それぞれの里の若き棟梁である甲賀八郎と伊賀響が物語の主人公です。

彼らは許嫁として、将来のことを誓い合った中です。

(C)バジリスク ~桜花忍法帖~

しかし、そんな平和な暮らしは、突如現れた謎の力を操る「成尋衆」によって壊されます。

八郎と響に秘められた力である「桜花」を狙い、里を襲撃してきました。

彼らの襲撃によって、響は生きながらにして体がバラバラの動けない状況にされてしまいました。

(C)バジリスク ~桜花忍法帖~

響の体を取り戻すために、八郎は6年の修行の時を経て、「成尋衆」の元へ向かいます。

彼らに協力してくれる仲間たちと共に恐るべき戦いを挑んでいきます。

『バジリスク ~甲賀忍法帖~』後の世界での、新たな忍者同士の大合戦が見られる漫画となっています。

(C)バジリスク ~桜花忍法帖~

「バジリスク ~桜花忍法帖~」を読んでみる

BLEACH

黒崎一護・15歳は、幽霊が見えて、触れて、話せる特異な体質を持った少年です。

この体質によって、幽霊にトラブルを相談をされて、それを解決したりとしています。

(C)BLEACH

そんな彼の目の前に、黒装束を着た「死神」を名乗る少女・ルキアが現れました。

「死神」は、人間の魂を喰う「虚」と呼ばれる悪霊を倒すのが仕事です。

そんな彼女と話す途中で、「虚」に襲われた一護は、ルキアから力を受け取り、「死神」になる力を手にします。

(C)BLEACH

一護は、「死神」として人間に害をなす「虚」たちと戦っていくことになります。

黒装束に日本刀が特徴的な死神たちの戦いを描いたバトルファンタジー漫画です。

(C)BLEACH

「BLEACH」を読んでみる

NARUTO -ナルト-

ナルトは、「木ノ葉隠れの里」の忍術学校に通う、忍び見習いです。

元気な悪戯好きの少年であり、今日も悪戯三昧で、里の人たちに迷惑をかけています。

彼には両親が居らずに”天涯孤独”で、他人に構って欲しい”寂しさ”もまた悪戯に拍車をかけています。

(C)NARUTO -ナルト-

そんなナルトには、里のトップである”火影”になるという夢があります。

忍術の才能はありませんが、持ち前のど根性で、行く手を阻む敵を倒していきます。

誰にも愛されていなかった孤独な少年が、仲間を増やし、”火影”へとなるまでも物語を見ることができるバトル漫画です。

(C)NARUTO -ナルト-

「NARUTO -ナルト-」を読んでみる

BORUTO -ボルト-

舞台は忍界大戦終了後の世界で、ナルトが木の葉の里の火影になった後の平和な時代です。

少年だったナルトたちも父親となり、指導者の立場となっていました。

ナルトとヒナタの息子であるボルトは、偉大な父親とその伝説に対して鬱屈とした気持ちを抱えて生活をしています。

自分や妹を蔑ろにするナルトに対しても不満を抱えていました。

(C)BORUTO -ボルト-

ボルトは、かつてのナルトと同じように忍者アカデミーに通っています。

その中で、仲間と共に忍術の修行をし、様々な任務をこなしていきますが、平和だと思われていた時代の中で、思わぬ事件に巻き込まれてしまいます。

ナルト世代の「次の世代」の姿を描いた物語を見ることができます。

(C)BORUTO -ボルト-

「BORUTO -ボルト-」を読んでみる

ゴールデンカムイ

杉元佐一は、日露戦争で鬼神の如き武功から”不死身の杉元”と呼ばれた兵士です。

彼は金が欲しくて、金を求めてゴールドラッシュに沸いた北海道へとやってきていました。

その地で、アイヌが隠した莫大な埋蔵金、およそ八億円分の金塊が隠されているとの噂を耳にします。

杉元は、このアイヌの埋蔵金探しをすることになります。

(C)ゴールデンカムイ

その中で、出会ったアイヌの少女・アシㇼパと手を組み、共に行動をすることになります。

彼女は、埋蔵金に纏わることで父を殺されていました。

2人は、極寒の地・北海道で、サバイバル生活をしながら、同じく金を狙う者たちと戦っていくことになります。

森林の中でとれる自然の素材を存分に使った”アイヌ料理”も魅力の漫画です。

(C)ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」を読んでみる

               
MENU TOPへ