今、読むべきおすすめ漫画はコレだ!

【2019年版】おすすめの「怪談漫画」はコレだ!

               

「怪談漫画」とは、幽霊、妖怪などがでてきて、恐怖を演出する漫画です。

物語の中で、古今東西のあらゆる怪談が語られています。

アニメ化やドラマ化、実写映画化されたような名作、人気作があります。

管理人が読んだ少年漫画・少女漫画・青年漫画の連載中や完結済み作品の中から、おすすめの面白い漫画のみを厳選して紹介します。

この記事をぜひ、参考にしてみてください。

恋愛怪談サヨコさん

着物を着ている和風少女のサヨコさんには、とある特殊体質があります。

それは、自分に幽霊を取り憑かせることができることです。

彼女は、この体質を使って地縛霊などの彷徨う霊を受け入れ続けていて、取り憑いた霊の数は800体を超えてしまっています。

(C)恋愛怪談サヨコさん

この霊たちによってサヨコさんは、まともな日常生活を送ることができません。

彼女に関わる人々にも霊たちの影響で不幸が降りてきます。

ところが、貧乏大学生・稲葉くんは、サヨコさんの霊から身を守ることができる体質でした。

そんな稲葉くんに恋をしてしまったサヨコさんが、彼を追いかけて...といった形でストーリーが展開をしていきます。

霊にまつわるサヨコさんと稲葉くんのトラブルだらけの日々を見ることができます。

(C)恋愛怪談サヨコさん

「恋愛怪談サヨコさん」を読んでみる

夏目友人帳

夏目貴志は、”妖怪”がはっきりと見えてしまう高校生です。

そして、なぜか妖怪たちに命を狙われ続けていました。

それは、夏目のおばである”夏目レイコ”が妖の名前を蒐集した、「友人帳」が原因でした。

(C)夏目友人帳

友人帳には、使うと名前が書かれた妖怪を使役することができる強力な力が備わっていました。

夏目は、この友人帳から、妖怪たちに名前を返却していくことを決めます。

普段は猫のような見た目をしている”ニャンコ先生”に協力をしてもらいつつ、妖と人間の間に起こるトラブルを解決していきます。

妖怪との心温まるエピソードの数々がみられる漫画です。

(C)夏目友人帳

「夏目友人帳」を読んでみる

黄昏乙女×アムネジア

その学び舎には、かつて人柱として女生徒が捧げられたと噂されています。

そして、新谷貞一の目の前に、その人柱となった当事者である少女・庚夕子が幽霊として現れました。

なぜか貞一にしか見えない彼女は、自分がなぜ、どのように死んだのかを覚えていません。

貞一は、彼女の「死」の真相を解明していきます。

(C)黄昏乙女×アムネジア

彼は怪異調査部を立ち上げ、調査を開始しました。

学園には、夕子さんの話以外にも、様々な怪談が蔓延していて、彼らは2人でそれらの怪談の謎も調査することになります。

奇妙な雰囲気漂う学校を舞台にして、陽気な美少女幽霊・夕子さんと共に、恐ろしい怪談の数々に関わっていく学園ホラー漫画です。

(C)黄昏乙女×アムネジア

「黄昏乙女×アムネジア」を読んでみる

虚構推理

桜川九郎と岩永琴子の一組の男女には、それぞれの生い立ちに”妖怪”にまつわる秘密があります。

桜川九郎は、「不死身の身体」と「未来を決定できる力」を所持してます。

この力は、自分の一族によって食べさせられた”人魚”と”くだん”の肉によって宿った力です。

彼は、この体質によって、妖たちに異常なまでに恐れられた人間となってしまっています。

(C)虚構推理

一方の岩永琴子は、右目には義眼、左足には義足をはめています。

これは、妖怪たちの相談役である「知恵の神」になる契約によって失ったものです。

彼女はいつも、怪異たちに頼られています。

(C)虚構推理

2人は、琴子に持ち込まれる怪異たちからの相談から始まって、自分たちの力を使って、人間と怪異の間に生じたトラブルを解決していくことになります。

妖怪や幽霊にまつわる「謎」を推理していくミステリー漫画です。

(C)虚構推理

「虚構推理」を読んでみる

World 4u_

町の奇妙な噂から、不可解な体験談、デタラメな作り話まで、現代に漂う数々の都市伝説が集まるサイトが「4u」です。

学生服姿の田島圭吾は、このサイトの管理人です。

彼の元には「4u」を介して、様々な都市伝説が集まってきます。

(C)World 4u_

「夢を知っていた男」「むじな坂」「砂嵐」「駄菓子屋之怪」「足売りババア」「第3コースのトオル君」「闇底からの声」などが、集まってきた都市伝説です。

それぞれの中で、背筋がゾッとするような恐ろしい物語が語られています。

都市伝説を題材にした、恐怖の物語を見ることができるホラー漫画です。

(C)World 4u_

「World 4u_」を読んでみる

怪物事変

事件は、田舎の静かな村から始まります。

ここでは家畜が一晩の内に食い荒らされ、しかもその死体が酷く腐った状況で見つかっていました。

この謎の事件の解決を依頼され、村にやってきたのが「隠神怪物相談事務所」の探偵・隠神鼓八千です。

(C)怪物事変

彼は怪異や霊にまつわるオカルトな事件を専門とする探偵であり、彼自身の正体も「化狸」です。

この村で出会った半妖で、「泥田坊」と呼ばれる少年と共に、犯人の物の怪を見つけて事件を解決に導いていきます。

隠神鼓八千と彼の仕事を手伝う”妖怪の子供達”による怪異探偵漫画です。

(C)怪物事変

「怪物事変」を読んでみる

カラダ探し

森崎明日香は、同級生の三神遥に突然、「私のカラダ探して」と頼まれます。

お願いされたのは、明日香だけではなく、伊勢高広や柊留美子なども同じ頼みごとをされていました。

それは、学校内で伝わる「赤い人」の怪談にまつわることで、彼女らは、閉鎖された学校でバラバラにされた遥のカラダを探す「カラダ探し」をすることになってしまいます。

(C)カラダ探し

「カラダ探し」にはルールがあります。

手、足、首、胴体に分解された遥の体は、学校内のどこかに隠されています。

「カラダ探し」を行うのは深夜の学校であり、遥に誘われた人間以外は誰も入れずに、参加者は学校から出ることができません。

全てのカラダを見つけるまでは、永遠に同じ日が繰り返さ続けます。

(C)カラダ探し

そして、カラダを探している明日香たちを、全身血まみれの少女・「赤い人」が殺しにきます。

明日香たちは、「赤い人」の魔の手を逃れながら、遥の全身のパーツを集めていきます。

突如として始まった恐怖の”ゲーム”と、それに争う高校生たちの姿を描いたホラー漫画です。

(C)カラダ探し

「カラダ探し」を読んでみる

カラダ探し 解

本作は、『カラダ探し』と同じ登場人物で、全く違う「カラダ探し」を見ることができます。

柊留美子は、謎の少女に死を告げられ、そのまま「カラダ探し」に巻き込まれることになります。

留美子がやる「カラダ探し」は、様々な部分で従来のものとはルールが違います。

絶対に拾ってはいけない”うさぎのぬいぐるみ”が部屋に出没したところから、”ゲーム”が開始されます。

(C)カラダ探し 解

留美子たちは、このぬいぐるみを取り返しにきた「赤い人」に殺されてしまいます。

そして、深夜の学校内に隠された「自分のカラダ」を探すことになります。

残された時間は7日間で、彼女らは命がけで「カラダ探し」を行っていくことになります。

似ているようで全く違う、新たな「カラダ探し」が見られるホラー漫画です。

(C)カラダ探し 解

「カラダ探し 解」を読んでみる

化物語

空から落ちてきた少女を受け止めた男子高校生の阿良々木暦。

彼が受け止めた戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが全くと言っていいほどありませんでした。

彼女は、この世のものではない怪異に取り憑かれていました。

(C)化物語

阿良々木暦は、彼もまた”吸血鬼”の怪異に取り憑かれた者でした。

そして、戦場ヶ原ひたぎの怪異を取り払う過程で、仲を深めていきます。

ひたぎ以外にも、怪異に関する悩みを抱えた少女たちが阿良々木暦を頼ってきます。

「怪異」を巡る少年少女の物語を見ることができます。

(C)化物語

「化物語」を読んでみる

ゆらぎ荘の幽奈さん

冬空コガラシは、「己の拳で幽霊を殴る」がモットーの肉体派の霊能力者の少年です。

この力を使って、今までも幽霊を消し去ってきました。

そんなコガラシは、激安下宿のゆらぎ荘に引っ越しをしました。

幽霊がでるとの噂でしたが、さっさと殴って幽霊を追い出し、平和に暮らす計画でした。

ところがそこででたのが、美少女の幽霊・湯ノ花幽奈でした。

(C)ゆらぎ荘の幽奈さん

美少女を殴るわけにもいかないコガラシは、結局、幽奈と同じ部屋で生活をすることになります。

幽奈を始めとするゆらぎ荘の住人たちと、コガラシのドタバタ劇が見られるラブコメ漫画です。

(C)ゆらぎ荘の幽奈さん

「ゆらぎ荘の幽奈さん」を読んでみる

Another

榊原恒一は、父親の仕事の事情と持病のために、祖父母の家へと引っ越してきました。

転校をしてきた夜見山北中学の3年3組には、不穏な空気が流れています。

このクラスには、26年前に死んでしまった”ミサキ”という名の生徒の呪いがかかっていました。

3年3組は”死に近い”教室で、過去の「3年3組」では、一度”それ”が始まると次々と人が死んでいってしまいました。

(C)Another

左眼に眼帯をした見崎鳴は、3年3組の1人ですが、クラスメイト全員からそこに誰も”いない”ように扱われています。

榊原にのみ、彼女が見えているようにすら思えます。

榊原が見崎に話しかけてしまったことによって、クラス内に異変が起こり始めます。

「3年3組」をめぐり、悲劇の数々が起きていくホラー漫画です。

(C)Another

「Another」を読んでみる

地獄先生ぬ~べ~

鵺野鳴介、通称「ぬ〜べ〜」は、小学校の”教師”兼”霊能力者”です。

普段はちょっと変わった、頼りない先生ですが、悪霊や妖怪がでてきて子供たちに害を及ぼすと、その表情は一変します

彼は命がけで闇の住人たちと戦って、子供たちを守ります。

(C)地獄先生ぬ~べ~

「ぬ〜べ〜」の力の源は、左手の鬼の力を封じ込めた「鬼の手」です。

普段は隠しているこの手の力を使って、闇の住人たちを倒していきます。

闇の住人たち相手に大立ち回りをする「ぬ〜べ〜」と、担当をするクラスの子供たちによる学園怪異漫画です。

(C)地獄先生ぬ~べ~

「地獄先生ぬ~べ~」を読んでみる

地獄先生ぬ~べ~NEO

本作では『地獄先生ぬ~べ~』からの続きの物語が見られます。

かつての「ぬ~べ~」の教え子たちもすっかりと大人になっていました。

そんな教え子の1人、稲葉郷子は新米教師として、「ぬ~べ~」と一緒になって教壇に立っています。

(C)地獄先生ぬ~べ~NEO

本作でも2人の教え子たちには、様々な妖怪や悪霊が襲いかかってきます。

稲葉郷子の力も借りつつ、「ぬ~べ~」は妖怪たちを鬼の手で倒していくことになります。

大人になった元5年3組の生徒たちも登場をしてきます。

何年経っても変わらずに、闇の住人たち相手に大立ち回りをする「ぬ〜べ〜」と新米教師の郷子、担当をするクラスの子供たちによる学園怪異漫画です。

(C)地獄先生ぬ~べ~NEO

「地獄先生ぬ~べ~NEO」を読んでみる

双亡亭壊すべし

「双亡亭」は、大正時代より、東京・沼半井町に静かに佇む奇怪な屋敷です。

立ち入ったものには、多いな災いが起こり、どんな方法を使って破壊しようとしてもビクともしない恐ろしい建物

ただそこにあるだけで、何もかもが謎に包まれています。

(C)双亡亭壊すべし

政府は「248億円」の賞金を賭けて、この建物を破壊しようともくろみました。

科学者、心霊能力者、修験者などが名乗りをあげ、「双亡亭」の破壊に挑みます。

おぞましき屋敷を巡る人々の戦う姿が見られる漫画です。

(C)双亡亭壊すべし

「双亡亭壊すべし」を読んでみる

呪術廻戦

世界には”呪い”と呼ばれる恐ろしいものたちがいます。

人間から流れ出た負の感情によるものであり、この”呪い”によって毎年数多くの死者たちがでています。

そんな”呪い”に対抗をする人間側の力として”呪術師”たちがいます。

(C)呪術廻戦

虎杖悠仁は、そんな”呪い”のこもった呪物である”指”を体に取り込むことによって自身が”呪い”となってしまいます。

呪術師たちに命を狙われる危険な存在となってしまった虎杖でしたが、残りの”指”を全部体に取り込むまでは、執行猶予として、殺されずにすむことになります。

こうして、虎杖の”呪い”との戦いが始まることになります。

自分が”呪い”でありながらも、呪術師として様々な呪いたちとの壮絶な戦いが見られる漫画です。

(C)呪術廻戦

「呪術廻戦」を読んでみる

屍鬼

物語の舞台は、199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村です。

ここで、三体の死体が発見されたところから物語が始まります。

検死の結果、彼らが死んだ順番がおかしく、最後の1人は他の死体とともに数日間、普通に生活をしたことが発覚します。

この後も村人たちが次々と死んでいってしまいます。

(C)屍鬼

外場村は、死んだ後に蘇生をし人間の血を吸う「屍鬼」たちによって、少しずつ侵略をされていきます。

「屍鬼」たちは突如現れ、この異変に一部の人間たちだけが気付きます。

このままでは、村人全員が殺されてしまう人間たちが抵抗を開始し、人間と屍鬼たちの全面戦争が開始されます。

とある田舎の村を舞台にした残酷な”悲劇”の物語がみられる漫画です。

(C)屍鬼

「屍鬼」を読んでみる

火葬場のない町に鐘が鳴る時

「みとず町」は、人口6000人の山あいの小さな町です。

卯月勇人は家族と共に、10年ぶりに東京から「みとず町」に戻ってきました。

この町は完全に様変わりしてしまっていて、10年前にはなかった「とある現状」が起きていました。

(C)火葬場のない町に鐘が鳴る時

「みとず町」では夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響きます。

そして、この鐘の音と共に”冥奴様”と呼ばれる得体の知れない化け物たちが現れ、人間たちに襲いかかってきます。

”冥奴様”によって、勇人は10年ぶりに再会を果たした幼馴染の咲と共に、最悪の日々を送っていくことになってしまいます。

とある田舎町を舞台にした、鐘の音と共に恐ろしい現象が始まるホラー漫画です。

(C)火葬場のない町に鐘が鳴る時

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んでみる

ぬらりひょんの孫

奴良リクオは、一見普通の少年ですが、妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継いでいます。

彼は生まれたときからずっと、妖怪に囲まれて育ってきました。

純粋な妖怪というわけではなく、4分の1だけ妖怪の血を継いでいて、学校へと通い、基本的には”人間”として生活をしています。

(C)ぬらりひょんの孫

リクオの家である「奴良組」には、様々な妖怪にまつわる事件が持ち込まれてきます。

リクオは奴良組の若頭として、ときに腕力で、ときに知恵を使い、組の妖怪の力も借りながら事件を解決していきます。

「人間」と「妖怪」の姿を使い分けることができる妖怪一家の若頭が主人公のバトル漫画です。

(C)ぬらりひょんの孫

「ぬらりひょんの孫」を読んでみる

鬼灯の冷徹

人は死んだ後に「天国」か「地獄」へといきます。

地獄のトップは閻魔大王であり、その補佐をしているのが”閻魔大王第一補佐官”の鬼灯です。

主人公の鬼灯は広大な地獄で、鬼たちを束ねて毎日、大忙しで働いています。

(C)鬼灯の冷徹

鬼灯の性格はドSであり、部下たちはもちろん、上司の閻魔大王の尻も叩いて働かせています。

そのドSっぷりは、地獄にきた死者たちにも向いていて、日々、死者を苦しめる新たな地獄を考えています。

鬼灯のS具合がとにかくすごいです。

地獄で働く愉快な人々の日々が描かれている漫画です。

(C)鬼灯の冷徹

「鬼灯の冷徹」を読んでみる

黒博物館 ゴースト アンド レディ

物語は、ロンドン警視庁の犯罪資料館「黒博物館」から始まります。

ここには、“灰色の服の男のかち合い弾”と呼ばれる、弾丸同士が正面衝突して一つになった弾丸が展示されています。

この展示物を1人の老人が見に来て、黒衣の学芸員(キュレーター)がそれを案内していました。

そこに亡霊である”灰色の服の男”が現れます。

(C)黒博物館 ゴースト アンド レディ

”灰色の服の男”は、このかち合い弾が生まれるまでに関する不思議な物語を語っていきます。

そこには、偉人の看護師、”ナイチンゲール”が関わっていました。

19世紀英国を舞台にした伝奇アクション漫画となっています。

(C)黒博物館 ゴースト アンド レディ

「黒博物館 ゴースト アンド レディ」を読んでみる

鬼滅の刃

炭治郎は、炭を売ることで日銭を稼いで家族を養っている少年です。

いつものように街に炭を売りに行ったある日、家を襲った鬼によって家族を皆殺しにされてしまいます。

唯一、生き残った妹の禰豆子も鬼に変貌してしまい、正気を失ってしまいました。

(C)鬼滅の刃

それでも禰豆子を元に戻すため炭治郎は、鬼と戦う道を選びます。

様々な力を持った恐ろしい鬼たちと刀を振って戦っていきます。

鬼殺しとなった少年の、妹のことを想って戦う姿を描いた漫画です。

(C)鬼滅の刃

「鬼滅の刃」を読んでみる

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

本作の世界には”霊”たちが溢れています。

”霊”たちが起こすトラブルを解決する相談役として、「六氷魔法律相談事務所」があります。

ここには、魔法律執行人・六氷透(ムヒョ)と、彼の助手を務める草野次郎(ロジー)がいました。

(C)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

”霊”の中でも、邪悪化してしまった存在として、”悪霊”がいて、それらは人を襲ってきます。

魔法律執行人には、現世で罪を犯した霊に刑を下し、あの世へ送る能力があります。

若き天才魔法律執行人であるムヒョは、助手のロジーと共に、今日も邪悪な霊たちと対決をしていくことになります。

悪霊たちを巡る戦いを見ることができるダークファンタジー漫画です。

(C)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」を読んでみる

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師編

本作では『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』からの続きの物語が見られます。

「六氷魔法律相談事務所」のムヒョとロジーは、今日も霊たちが起こすトラブルを解決しています。

彼らは、現世で罪を犯した霊たちを処罰する仕事をしています。

(C)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師編

そんな、ムヒョたちが住んでいる街で謎の停電現象が頻発していました。

そこには、ある禁断の道具を発明した 「魔属魔具師」と呼ばれる者が関わっていました。

ムヒョとロジーは、このどうに関して調査を開始し、霊が起こす事件に巻き込まれてしまいます。

魔法律執行人・ムヒョとその助手のロジーによる新たな物語を見ることができます。

(C)ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師編

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 魔属魔具師編」を読んでみる

うしおととら

蒼月潮の実家の寺の蔵には、500年以上の期間、一匹の妖怪が封印されていました。

この妖怪は、「獣の槍」で刺されていました。

妖怪に襲われた”うしお”は、敵の妖怪を退治するためにこの妖怪を封印から解き放ちます。

(C)うしおととら

妖怪は「とら」と名付けられ、”うしお”は「獣の槍」を武器として使って共に戦うことになります。

「とら」は、隙を見つけては”うしお”のことを食べようとして襲ってきます。

そんな「とら」を退けつつ、1人と1匹はタッグを組んで敵対する妖怪と戦っていくことになります。

妖怪たちによる大戦争が見られる”妖怪バトル漫画”です。

(C)うしおととら

「うしおととら」を読んでみる

犬夜叉

神社に住む女子中学生のかごめは、ある日、自分の家にある井戸の中から現れた妖怪によって、井戸の中へと引き込まれてしまいます。

井戸から出ると、そこは妖怪たちが跋扈する戦国時代の日本でした。

タイムスリップした彼女は、ここで封印された半分妖怪、半分人間の「犬夜叉」の封印を解き、共に旅することになります。

(C)犬夜叉

旅の目的は砕け散った「四魂の玉のカケラ」を集めることです。

彼女らは、かけらを狙う妖怪たちを倒しつつ、「四魂の玉」を完成させようとしていきます。

戦国時代を舞台にした、妖怪たちの戦いを描いた漫画です。

(C)犬夜叉

「犬夜叉」を読んでみる

幽☆遊☆白書

学校一の不良・浦飯幽助は、道路に飛び出した子供を助けたために車に惹かれて死んでしまいました。

しかし、ここで幽助の人生は終わらずに、彼は幽霊となります。

そして、死後の世界の水先案内人のぼたんです。

実は、幽助は死ぬ予定ではなく、彼はその予定外の死を取り消すために「試練」を受けることになります。

(C)幽☆遊☆白書

幽助は一度死んだことをきっかけにして、幽霊や妖怪たちのいる世界に関わることになっていきます。

そして、人間界に敵対し、人間に害をなす妖怪たちと戦っていくことになります。

『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博による漫画です。

”霊界探偵”として活躍をしていく幽助の姿を見ることができます。

(C)幽☆遊☆白書

「幽☆遊☆白書」を読んでみる

結界師

墨村家は、烏森学園を妖怪から守る一族です。

同じ使命を持った雪村家と共に、毎夜この地を狙う妖怪たちと戦っています。

彼らは”結界師”と呼ばれています。

(C)結界師

墨村良守と雪村時音はそんな一族の後継者であり「結界師」です。

良守は、時音や他の人々を守り抜く力をつけるために日々鍛錬に励み、妖たちと戦っています。

物語が進んでいく中で、烏森学園や結界師の秘密が徐々に明らかになっていきます。

「妖」と「結界師」の激しい戦いを描いたバトル漫画です。

(C)結界師

「結界師」を読んでみる

邪眼は月輪に飛ぶ

東京に「ミネルヴァ」と呼ばれる一羽のフクロウが飛んでいました。

このフクロウには恐ろしい能力があり、それは「ミネルヴァ」に見られたものは誰でも一瞬で死んでしまうというものです。

「ミネルヴァ」によって、東京は壊滅、人類存亡の危機を迎えていました。

(C)邪眼は月輪に飛ぶ

軍隊でも歯が立たない「ミネルヴァ」を討伐するために、白羽の矢が立ったのは、1人の老人です。

彼は、かつて「ミネルヴァ」と決戦をし、家族を失いながらも殺す一歩手前まで追い詰めた実績がありました。

老人は使い慣れた銃を握り、東京へと向かっていきます。

最強すぎる能力を持ったフクロウと、それに立ち向かう”1人の男”の決闘を描いたダークファンタジー漫画です。

(C)邪眼は月輪に飛ぶ

「邪眼は月輪に飛ぶ」を読んでみる

               
MENU TOPへ