今、読むべきおすすめ漫画はコレだ!

【2019年版】おすすめの「癒し漫画」はコレだ!

               

「癒し漫画」とは、読んでいるだけで癒されるような癒し溢れる漫画です。

ギャグ、日常系の漫画やねこ、犬などがでる動物系の漫画などが含まれています。

アニメ化やドラマ化、実写映画化されたような名作、人気作があります。

管理人が読んだ少年漫画・少女漫画・青年漫画の連載中や完結済み作品の中から、おすすめの面白い漫画のみを厳選して紹介します。

この記事をぜひ、参考にしてみてください。

異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる

男子高校生の草津熱海は、目が覚めると自分の体が異世界の”温泉のお湯”となってしまっていました。

動けず、しゃべれずに、身体の感覚もなく、何もすることができない状況です。

困っていたところに現れた異世界の美少女が、自分の温泉の中に入ってくれたことによって状況が変わります。

(C)異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる

彼は温泉なのですが、ただの温泉ではなく、人が入ってくれれば入ってくれるだけレベルアップできる仕様です。

何とか自分の力を蓄えるために、人を集めて、豪華な温泉へと進化していくことを目指していきます。

主人公が”温泉”で、異世界美少女たちと裸のお付き合いをしていくことになる転生系の異世界ファンタジー漫画です。

(C)異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる

「異世界温泉に転生した俺の効能がとんでもすぎる」を読んでみる

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

相沢梓、27歳はひたすら仕事のためだけに生きてきましたが、過労で倒れて死んでしまいます。

死後、彼女は異世界での第二の人生を送ることになりました。

彼女が望んだことは、「ぐーたらスローライフを送ること」と「不老不死の体」です。

望みを叶えられた彼女は、異世界の高原でぐーたらと過ごしていきます。

(C)スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

彼女は、毎日スライムを倒し、それをお金に変えて生活をしていました。

この生活を続けること300年、たかがスライム、されどスライム...と、300年間で溜まりに溜まった経験値により、彼女は”世界最強”レベルの力を手にしてしまいます。

この噂を聞きつけたドラゴンや冒険者たちによって、彼女の平穏な暮らしは崩れ去っていくことになります。

そして、スローライフを送りたい人が主人公の異世界転生漫画です。

(C)スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」を読んでみる

犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

本作の作者は、家で「犬」と「猫」の両方を1匹ずつ飼っています。

性格が全く違う「犬くん」と「猫さま」の2匹は今日も家で騒動を起こしながら賑やかに生きています。

「犬くん」はやさしく、天真爛漫な性格です。

作者や「猫さま」にも気を使える”いい子”です。

(C)犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

「犬くん」とは真逆の「猫さま」は、魔王のように凶悪で傍若無人な性格です。

わがままな性格をしていながらも、どこか憎めずに愛らしさがあります。

そんな、「犬くん」と「猫さま」との愉快な日々が描かれているコミックエッセイです。

(C)犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい

「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」を読んでみる

29歳独身中堅冒険者の日常

この漫画の主人公の「29歳中堅冒険者」であるシノノメハジメは、とある田舎の村に住み着いて、ダンジョンに潜ったり、村人からの依頼をこなす、その村専属の「村付きの冒険者」です。

元々は孤児だったのですが、冒険者としての腕を磨いていき、今では食べるのにも困らずに、平和に暮らしています。

そんなハジメが村の近くの通い慣れたダンジョンに潜ると、そこにはスライムに食べられている少女を見つけてしまいます。

(C)29歳独身中堅冒険者の日常

リルイと名乗った少女は、親に捨てられた孤児で、生き延びるために冒険者として無謀な挑戦をし、死にかけていました。

過去の自分に重ね合わせてしまったハジメが、リルイを見捨てられずに、共に修行をしたり生活をしたりとしていくようになっていきます。

そんな師匠兼親代わりのハジメと弟子兼子供のリルイの2人と、彼らを暖かく見守る仲間たちによる、ファンタジー世界での心温まる日常系漫画です。

(C)29歳独身中堅冒険者の日常

「29歳独身中堅冒険者の日常」を読んでみる

うちの猫がまた変なことしてる。

本作の作者の卵山玉子は、2匹の猫を飼っています。

名前は、「トンちゃん」と「シノさん」です。

性格の全く違う2匹は、家の中で今日も愉快でちょっと”変な”行動をしていきます。

(C)うちの猫がまた変なことしてる。

夜中にジッと見つめてきたり、就寝中に顔にお尻をつけてきたり、瞳孔が開いた目で見てきたり、目が開いたまま寝ていたりとしています。

そんな猫たちの変な行動が詰まったコミックエッセイです。

カラーで絵が描かれていて、写真も満載の猫好きにはたまらない一冊となっています。

(C)うちの猫がまた変なことしてる。

「うちの猫がまた変なことしてる。」を読んでみる

八雲さんは餌づけがしたい。

八雲柊子は、若くして旦那を無くしてしまった未亡人です。

旦那を亡くしてからは大好きだった料理をする気力もなくなってしまっていたのですが、あるとき、アパートの隣の部屋で一人暮らしをしている高校球児の大和翔平に「ご飯を作ってあげる」約束をします。

彼女はご飯を食べさせてあげる喜びを思い出し、それ以来毎晩、大和に料理を振る舞ってあげて、一緒にご飯を食べています。

(C)八雲さんは餌づけがしたい。

大和の食欲はとにかくすごくて、柊子にとって料理を用意することは戦いのような形にもなっていきます。

登場する料理は、男子高校生が喜びそうなものが多いです。

2人は、一緒に食事をする中で、相談をしあったりと心の距離を縮めていきます。

八雲さんの男子高校生への「餌付け生活」を見ることができるグルメ漫画です。

(C)八雲さんは餌づけがしたい。

「八雲さんは餌づけがしたい。」を読んでみる

猫なんかよんでもこない。

本作の作者は、ボクシングの世界チャンピオンを目指しながらも、マンガ家の兄の居候の身です。

そんなある日、兄が猫を2匹拾ってきます。

誰かもらい手が見つかるまで、とのことでしたが、この2匹は結局家に住み着くことになります。

(C)猫なんかよんでもこない。

そんな猫たちが「家族」として家に受け入れられるまでや、受け入れられた後の物語を見ることができます。

読んでいてニヤニヤと笑ってしまうような描写が多いです。

不器用な男と無愛想な猫たちの物語を見ることができるコミックエッセイです。

(C)猫なんかよんでもこない。

「猫なんかよんでもこない。」を読んでみる

ばらかもん

東京で生まれ育った若い書道家の半田清舟が、過疎が進む田舎の島に移住するところから物語が始まります。

都会から来た珍しい移住者に対して島に住む子供たちが興味を持って、少しずつ仲良くなり、一緒に遊ぶようになっていきます。

(C)ばらかもん

主人公はかなり精神年齢が低く、自分の字をけなされただけで書道家の大先輩を殴ってしまうほどのむちゃくちゃな人なので、子供たちのいい”おもちゃ”になってしまっています。

ゆっくりとした時間の中で、主人公の青年と島の愉快な子供たちが遊んでいく日常系の漫画です。

(C)ばらかもん

「ばらかもん」を読んでみる

くーねるまるた

マルタさんは、東京の大学院に勉強をしにきたポルトガル人です。

卒業をして母国に帰る予定でしたが、日本の文化が気に入ってしまい、卒業後も日本に滞在して一人暮らしを満喫しています。

マルタさんは、「食う寝るマルタ」と言われてしまうほどのかなりの食いしん坊です。

(C)くーねるまるた

いつでも美味しいご飯のことばかりを考えていて、自分の家でご飯を作ることもあれば、お店に食べにいくこともあります。

地方へと遠征をして、ご当地観光やグルメを楽しんでいく回もあります。

マルタさんの食を中心とした「日本文化」を満喫していく、明るく楽しい日々を見ることができるグルメ漫画です。

(C)くーねるまるた

「くーねるまるた」を読んでみる

くーねるまるた ぬーぼ

ポルトガル人のマルタさんの日本での日々が見られる『くーねるまるた』の第二部が本作です。

タイトルは変わっていますが、話の進み方は基本的に第一部と同じで、マルタさんが日本文化や美味しい食事を楽しんでいきます。

1話から数話で1つの話が完結する読み切り形式の漫画なので、どこからでも読むことができます。

(C)くーねるまるた ぬーぼ

第二部は「京都編」から始まります。

ポルトガルから日本に戻ってきた、変わらず元気で”食いしん坊”なマルタさんの”マルタさんらしい”姿を京都でも見られます。

読んでいると、マルタさんの真似をしたくなってきて、お腹の減ってくるグルメ漫画です。

(C)くーねるまるた ぬーぼ

「くーねるまるた ぬーぼ」を読んでみる

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

本作の作者・鴻池剛は、ねこを一匹飼っています。

彼の名は”ぽんた”。

自由気ままな性格をしているこのねこは、なんだか”可愛げ”がありません。

(C)鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

”ぽんた”は、飼い主のことを明らかになめています。

飼い主の思い通りには一切動いてはくれません。

鴻池剛は、毎日この自由奔放なぽんたに振り回されていきます。

そんな、1匹と1人の狂乱な日々を描いた笑いが止まらないコミックエッセイです。

(C)鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!

「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」を読んでみる

群れなせ!シートン学園

「私立シートン学園」は、様々な動物が共に生活をしている学園です。

そして、その中で「人間」は最も少ない種族です。

「人間」の間様人(マザマジン)は、動物嫌いなのに”シートン学園”に通うことになってしまった男子高校生です。

彼は、動物だらけの学園に馴染むことができていません。

(C)群れなせ!シートン学園

そんな彼は、食堂で1人ご飯を食べている狼の女子高生”ランカ”に目をつけられます。

ジンのことが気に入ったランカは、彼のことを自分がボスの群れの第一号として、群れの一員に加えようとしてきます。

(C)群れなせ!シートン学園

ジンはこのことをきっかけにして、ランカを始めとする美少女の動物たちと関わっていき、トラブルに巻き込まれていくことになってしまいます。

「私立シートン学園」を舞台にした、動物だらけのドタバタ劇がみられる学園コメディ漫画です。

(C)群れなせ!シートン学園

「群れなせ!シートン学園」を読んでみる

ごほうびごはん

池田咲子は社会人一年生で、毎日忙しく働いています。

そんな彼女には、週に一回だけ、自分を思いっきりねぎらう「ご褒美ごはん」を食べる楽しみがあります。

ご褒美ごはんの時は、お金を厭わずに美味しい食べ物を食卓に並べます。

(C)ごほうびごはん

作る料理は様々で、でっかいエビを使った「エビカレー」、「海鮮丼」「半熟煮たまご」「筍の天ぷら」「たこ焼き」「「カリオストロの城」風スパゲティ」などです。

どの料理も美味しそうに食べる食いしん坊な咲子の姿を見ることができます。

「ご褒美ごはん」を楽しむOLの可愛らしい姿が見られるグルメ漫画です。

(C)ごほうびごはん

「ごほうびごはん」を読んでみる

異世界駅舎の喫茶店

クロガネタクミは、妻のユウと共に、「名古屋駅」へ向かう電車に乗っている途中で異世界へと転生してしまいました。

ただし妻は、猫耳少女のニャーチとなって過去の記憶を失ってしまっています。

行く先に困ってしまった彼らは、駅長さんのはからいで、異世界のハーパータウン駅で働かさせてもらえることになります。

そして、喫茶店「ツバメ」をオープンして、お客さんたちを迎えていきます。

(C)異世界駅舎の喫茶店

このお店では、美味しい「駅メシ」を食べることができます。

訪れた異世界の人々は、「駅メシ」に舌鼓を打ち、心と体を癒していきます。

タクミとニャーチが出迎えてくれる異世界の駅を舞台にした、ほのぼの系のグルメ漫画です。

(C)異世界駅舎の喫茶店

「異世界駅舎の喫茶店」を読んでみる

夜廻り猫

「泣く子はいねが〜〜泣いてる子はいねが〜〜」

そんな言葉と共に、夜の街を彷徨っているのが”夜廻り猫”こと遠藤平蔵です。

”夜廻り猫”は、涙の匂いがする者を見つけると、そっと寄り添い話しを聞いていきます。

(C)夜廻り猫

話しを聞いてもらった人々は、”夜廻り猫”に心を癒されて、また前へと進んでいきます。

人だけではなく、涙を流す猫たちにも手を差し伸べていきます。

そんな”夜廻り猫”を中心とした、心温まる物語の数々を見ることができます。

ほっこりとした気持ちになりたいときには、おすすめの4コマ漫画です。

(C)夜廻り猫

「夜廻り猫」を読んでみる

新米姉妹のふたりごはん

主人公の後藤可久士の職業は、「漫画家」です。

そして、下ネタ多めの下品な漫画を描いていることを気にして、娘の姫ちゃんにはそのことを隠しています。

その隠蔽の仕方は徹底していて、スーツを着て会社に向かうふりをしてみたり、アシスタントや担当編集に箝口令を敷いていたりとします。

(C)かくしごと

天然気味な姫ちゃんは、父親の仕事のことをあまり気にせずにゆるく生活をしています。

「全ては娘のために」の一心で、今日も後藤可久士先生はペンを握ります。

しかし、心配性すぎる性格が災いしてしまい、様々なトラブルが起きていくことになります。

「描く仕事」が「隠し事」な後藤可久士先生と娘の姫ちゃんの愉快な日々を描いたコメディ漫画です。

(C)かくしごと

「かくしごと」を読んでみる

幼女戦記食堂

本作は、『幼女戦記』のスピンオフ漫画です。

主人公の”幼女”、ターニャは、元日本の現代に生きる男のサラリーマンであり、極めて冷静忠実に仕事をこなす人から転生をしてきました。

そんな性格が軍人として開花し、幼女ながらも軍内で極めて評価が高く、信頼をされています。

本作では、ターニャの食事事情に焦点を当てられています。

(C)幼女戦記食堂

ターニャは美味しい食べ物を求めて、今日も食事に向かいます。

美味しいものを食べた後のキャラクターたちの表情も魅力的です。

『幼女戦記』に登場するキャラクターたちの、新たな表情を見ることができるグルメ漫画です。

(C)幼女戦記食堂

「幼女戦記食堂」を読んでみる

木曜日のフルット

フルットは、半分ノラ猫、半分飼い猫の生活をしています。

フルットの飼い主は”ダメ人間”の鯨井先輩です。

傍若無人で、気分屋の彼女の生活に振り回されながらも、フルットは今日も強く生きています。

(C)木曜日のフルット

そんな猫のフルットには、猫友達たちが数多くいます。

家にいない時のフルットは、彼らと遊んだり、ご飯を探したりとしながら時間を過ごしています。

フルットと鯨井先輩と愉快な仲間たちの日々を見ることができる四コマギャグ漫画です。

(C)木曜日のフルット

「木曜日のフルット」を読んでみる

のみじょし

高瀬道子は、独身29歳のOLです。

そして、何よりもお酒が大好きであり、美味しいお酒の前ではいつもちょっとはしゃいでしまいます。

今日も仲良しな、子持ちの主婦の東雲ゆきと独身で筋トレ好きの書店員・宮内園子の同い年3人組で飲み会をしています。

(C)のみじょし

作品内で登場する”お酒”としては、日本のビール、ドイツビール、日本酒、カクテルなど、お酒と名のつくものならどんなものでもありです。

美味しそうな”おつまみ”の数々もでてきます。

彼女らは、楽しく、美味しく飲み会をしながら、日頃の愚痴を発散していっています。

そんな、アラサー3人組の「飲み会」の様子を見ることができるお酒漫画です。

(C)のみじょし

「のみじょし」を読んでみる

WORKING!!

物語の舞台は、北海道某所に存在するファミリーレストランの「ワグナリア」です。

可愛いものが大好きな高校生の”小鳥遊宗太”は、先輩だけど小さくて可愛い”種島ぽぷら”に誘われるがままに「ワグナリア」で働き始めます。

ここはただのファミレスではなく、個性豊かな人だらけのお店でした。

(C)WORKING!!

男を見ると殴りかかってくる女の子、いつも何故か刀をぶら下げている子、一切働かない雇われ店長、行方不明の妻を捜して日本中を転々としているマネージャーなどが同僚です。

彼らの面白い仕事風景や会話を見ることができます。

そんな「ワグナリア」の日常が切り取られている四コマ漫画となっています。

(C)WORKING!!

「WORKING!!」を読んでみる

ギャルごはん

家庭科教師・矢部真司の元に、学年一のギャル・岡崎みくがやってきました。

彼女は学校で進学をするために、”先生たちにお菓子を配りたい”と思っていました。

そこで、矢部の力を借りるために話しかけてきました。

(C)ギャルごはん

2人は一緒にクッキーを作ったことから始まって、料理研究部を作り、放課後一緒に料理をしていきます。

最初は料理がド下手なみくは、矢部の力も借りながら徐々に料理の腕前をあげていきます。

矢部に好意をよせている”みく”の可愛い姿も見ることができます

「ギャル」と「先生」が料理をしながらイチャイチャと過ごしていく学園ラブコメ漫画です。

(C)ギャルごはん

「ギャルごはん」を読んでみる

魔王城でおやすみ

魔王は人間の”スヤリス姫”をさらい、自らの城に幽閉しました。

人間たちは怒り狂い、勇者は姫を救出するために魔王城へと向かっていきます。

一方姫はというと、魔王城で”安眠”できないことを悩んでいました。

(C)魔王城でおやすみ

姫は、魔王城で安らかに寝る場所を求めてさまよいます。

閉じ込められた檻から抜け出し、ときに自作の枕を作り、ときに魔物の能力を利用して眠りにつきます。

眠りを求める彼女を魔王城のものたちはもはや誰も止めることができません。

姫がありとあらゆる方法で眠りについていくコメディ漫画です。

(C)魔王城でおやすみ

「魔王城でおやすみ」を読んでみる

甘々と稲妻

数学教師の犬塚は、半年前に妻をなくし、父1人で小学生の娘・つむぎを育てています。

家事が全くできない犬塚は、毎日コンビニのお弁当を食べさせていましたが、ある日、娘がテレビに映る美味しそうなご飯の画面を羨ましそうにしている姿を見てしまいます。

犬塚はこのことをきっかけにして、自分で料理を作って、つむぎに美味しい料理を食べさせることを決意します。

(C)甘々と稲妻

料理を全くできない父が頼ったのは、自分の教え子で女子高生の飯田小鳥です。

小鳥も料理が得意なわけではないです。

それでも、つむぎに美味しい料理を食べさせたい一心で、犬塚と一緒に料理の腕を磨いていきます。

娘と父と教え子の3人で美味しいご飯を作っていく心温まる”ホクホク”なグルメ漫画です。

(C)甘々と稲妻

「甘々と稲妻」を読んでみる

ふらいんぐうぃっち

舞台は青森。木幡真琴は、又いとこの親戚の倉本圭の家で居候生活を始めることになりました。

彼女の正体は実は”魔女”で、一人前の魔女になるために今も修行をしています。

魔女であることは特に秘密ではなく、学校の同級生にも”魔女”であると普通に自己紹介しています。

(C)ふらいんぐうぃっち

倉本家には、真琴と同い年の兄と妹がいて、真琴は黒猫の”チト”さんを飼っています。

そんな彼らのゆるい日常が描かれた、魔法ありの日常系の漫画です。

癒し溢れる作品となっています。

(C)ふらいんぐうぃっち

「ふらいんぐうぃっち」を読んでみる

オデット ODETTE

”もしも彼氏がねこだったら...”

本作は、そんなifストーリーを楽しむことができる漫画です。

ドジだけど明るく素直な人間の”彼女”と、彼女思いのやさしい猫”彼氏”は付き合っているカップルです。

(C)オデット ODETTE

彼氏はとにかくやさしくて、イケメンです。

彼女に対して気配りができて、性格に棘がなく、さらにはモフモフの体をしている”最高”の彼氏です。

2人の楽しい日常を温かな目で見守ることができる猫系の恋愛漫画です。

(C)オデット ODETTE

「オデット ODETTE」を読んでみる

山と食欲と私

27歳、会社員の日々野鮎美は、「単独登山女子」です。

「山ガール」ブームにのって登山にハマり始めたものの、今では「山ガール」と呼ばれることが嫌だというこだわりがあります。

そんな彼女は、山で「ちょっと美味しいご飯を食べる」ことを楽しみにしています。

(C)山と食欲と私

「欲張りウィンナー麺」「雲上の楽園コーヒー」「魅惑のブルスケッタ」「ほかほかホワイトシチューパスタ」「炊きたてご飯のオイルサーディン丼」「星降る夜のホットワイン」などが、鮎美の山ご飯のメニューす。

重い荷物を背負ってでも美味しいものを食べようとする鮎美の執念を感じることができます。

読むと山に登って、美味しいご飯を食べたくなってくる山グルメ漫画です。

(C)山と食欲と私

「山と食欲と私」を読んでみる

いにんぐ!

とある高校の女子野球部(同好会)が物語の舞台です。

ここには、野球モノマネが得意な女子野球部部長の「さくら」と、野球への興味がゼロな部員「ゆま」がいます。

彼女らは部室で、だらだらとした毎日を過ごしています。

(C)いにんぐ!

そこに来たのが、やる気満々の野球好きの新入部員の「かなえ」です。

かなえを含めた部員3人の女子野球部が、野球をせずに、毎日遊んで過ごしていきます。

野球をしない女子野球部の日々を描いた日常系の部活漫画です。

(C)いにんぐ!

「いにんぐ!」を読んでみる

異世界おもてなしご飯

サチとあやりの2人は、両親の再婚によって姉妹となりました。

しかも、両親が世界一周の旅行に行ってしまったがために2人っきりで過ごさなければいけなくなり、突然、姉妹になった2人の同居生活にはなんだかぎこちない空気が流れています。

目つきの鋭い妹のあやりに対して、姉のサチは少しおびえています。

(C)新米姉妹のふたりごはん

そんな2人が距離を縮めるきっかけとなったのが、両親が海外から送ってきた”生ハムの原木”です。

これを一緒に調理して食べることで、本音をしゃべれるようになり、仲良くなっていきます。

2人は、一緒に料理をする時間が増えていきます。

サチとあやりの”新米姉妹”が過ごしていく日々を、料理を中心にして描いたグルメ漫画です。

(C)新米姉妹のふたりごはん

「新米姉妹のふたりごはん」を読んでみる

みなみけ

南さんちは、3姉妹だけで生活をしています。

高校生でしっかりものの長女・ハルカ、中学生で明るく元気はつらつな次女・カナ、小学生で少し毒舌気味でクールなチアキの3人です。

3人で協力をしながら、明るく楽しく暮らしています。

(C)みなみけ

キャッチフレーズは、「この物語は南家3姉妹の平凡な日常をたんたんと描くものです。過度な期待はしないでください。」です。

キャッチフレーズどおりに、南家の姉妹と彼女らの友人たちの学園生活、日常生活がたんたんと進んでいく作品です。

ただ、”過度な期待をしていい”ほどに面白く、夢中になって彼女らの愉快な日々を追ってしまう日常系の漫画となっています。

(C)みなみけ

「みなみけ」を読んでみる

テルマエ・ロマエ

舞台は、古代ローマと現代日本の両方です。

ローマで公共浴場を作ろうとしている設計技師のルシウス・モデストゥスは、仕事が上手くいかずに思い悩んでいました。

ひとっ風呂浴びて、スカッとしようと思い湯船に浸かっていたところで、彼は風呂の中で溺れてしまいます。

なんとか風呂から飛び出すと、そこは現代日本の銭湯でした。

ルシウスは、ローマから日本へとタイムスリップしてしまいました。

(C)テルマエ・ロマエ

ルシウスは、ローマと日本を行ったり来たりとしながら、現代日本の風呂に関するアイディアをローマへと持って帰ります。

このアイディアの数々で、ローマの風呂事情をどんどんと改善していきます。

ルシウスが平たい顔族と呼ぶ日本人との交流シーンもあります。

風呂を愛してやまないローマ人が主人公の「風呂漫画」です。

(C)テルマエ・ロマエ

「テルマエ・ロマエ」を読んでみる

かくしごと

主人公の後藤可久士の職業は、「漫画家」です。

そして、下ネタ多めの下品な漫画を描いていることを気にして、娘の姫ちゃんにはそのことを隠しています。

その隠蔽の仕方は徹底していて、スーツを着て会社に向かうふりをしてみたり、アシスタントや担当編集に箝口令を敷いていたりとします。

(C)かくしごと

天然気味な姫ちゃんは、父親の仕事のことをあまり気にせずにゆるく生活をしています。

「全ては娘のために」の一心で、今日も後藤可久士先生はペンを握ります。

しかし、心配性すぎる性格が災いしてしまい、様々なトラブルが起きていくことになります。

「描く仕事」が「隠し事」な後藤可久士先生と娘の姫ちゃんの愉快な日々を描いたコメディ漫画です。

(C)かくしごと

「かくしごと」を読んでみる

新久千映のねこびたし

広島の千田町に子猫がたくさんいると聞いた本作の作者・新久千映は、早速捕獲へと向かっていきます。

ここで捕まえたのが、猫の”せんちゃん”です。

こうして家に来た”せんちゃん”でしたが、実はとんでもない”乱暴者”であることが発覚をします。

(C)新久千映のねこびたし

部屋で大暴れすることはもちろん、人間を噛んできたり、ご飯を奪い取ろうとしてきたりとします。

せんちゃんは今日も作者の漫画家としての仕事を邪魔しながら、大暴れをしていきます。

そんなせんちゃんを始めとする猫たちと、新久千映の愉快な日々が描かれている猫だらけのコミックエッセイです。

(C)新久千映のねこびたし

「新久千映のねこびたし」を読んでみる

ラーメン大好き小泉さん

学校ではクールで無口な女子高生の小泉さんには、とある隠された趣味がありました。

彼女と同じクラスの大澤悠は、たまたまその趣味に気付いてしまいます。

小泉さんの趣味、それは「ラーメンを食べる」ことです。

(C)ラーメン大好き小泉さん

彼女は、放課後になると毎日のようにラーメン屋へと向かっていきます。

そして、女子高生だとは思えないような顔や出で立ちをして、ラーメンに挑んでいきます。

小泉さんに付いて行く大澤悠も徐々にラーメンの魅力の虜になっていきます。

ラーメンが大好きすぎる女子高生の小泉さんが主人公で、とにかくラーメンを食べ続けるグルメ漫画です。

(C)ラーメン大好き小泉さん

「ラーメン大好き小泉さん」を読んでみる

うちのメイドがウザすぎる!

鴨居つばめは、元自衛官の一等空曹の屈強な女性です。

ただ、度を越した変態で、”白人美少女とキャッキャウフフできる仕事”を求めて彷徨っていました。

そんな彼女に目をつけられてしまったのが、母親がロシア人の金髪小学生女子のミーシャです。

(C)うちのメイドがウザすぎる!

つばめは、ミーシャの家の専属家政婦として、働くことになりました。

しかし、ミーシャはつばめのことが大っ嫌いで、一切懐かずに何かにつけて闘うことになってしまいます。

最強の”変態メイド”と、ロシア系の金髪小学生が騒動を巻き起こしていくほっこり笑える漫画です。

(C)うちのメイドがウザすぎる!

「うちのメイドがウザすぎる!」を読んでみる

徒然チルドレン

「付き合ってないけど両思い」「自分のことをからかってくる不真面目な女子」「チャラくてふざけているウザい先輩」「片方が付き合っていると勘違いしているカップル」

様々な関係性の男女がでてくるラブコメ四コマ漫画です。

彼らの恥ずかしすぎるやり取りがとにかく面白いです。

(C)徒然チルドレン

「日本語がわかるのかわからないのか」がわからない留学生や、チョコレートに自分の血を入れる女子などの個性的なキャラクターもでてきます。

それぞれの恋は、物語の中で進展していったり、ときに後退したりとします。

ちょっとおかしな笑える”恋愛”が見られる作品となっています。

(C)徒然チルドレン

「徒然チルドレン」を読んでみる

ワカコ酒

村崎ワカコ、26歳は、酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに、お酒を飲むことが大好きです。

今日も、女一人酒をするためにお店へと向かっていきます。

そんなワカコがお酒を堪能する姿を見ることができる漫画です。

(C)ワカコ酒

お酒といえば、おつまみがつきもので、美味しそうな料理も登場をしてきます。

「はもの湯引き」「なめろう」「フライドポテト」「麻婆豆腐」「アジの南蛮漬け」「ゴーヤチャンプルー」と、和洋中問わずに、お店ごとにでてくる違った名物を見られます。

「お酒を飲んで」「料理を食べて」と一人酒を満喫していくワカコをみてると、お酒が飲みたくなってきます。

(C)ワカコ酒

「ワカコ酒」を読んでみる

働かないふたり

春子と守は、室内にこもってぐーたらと暮らすニートの兄妹です。

家族に温かく見守られて、毎日充実した楽しいニートライフを満喫しています。

2人は仲良しで、一緒にゲームをしたり、美味しいご飯を食べたりとしています。

(C)働かないふたり

妹は、人間と話すのが苦手でマイペースな生活、兄は、頭がよくてニートなのに友達がいて、家に遊びに来たりとします。

そんな兄のことを妹は、エリートニート、略して”エニート”と尊敬をしています。

兄も兄で、面倒見がよく、妹を可愛がっています。

春子と守の兄妹のニート生活を見守れる日常系の漫画です。

(C)働かないふたり

「働かないふたり」を読んでみる

お酒は夫婦になってから

仕事ができて無口な美人主任・水沢千里は、今日も飲み会の誘いを断って、夫の壮良(ソラ)が待つ家へと帰ります。

ソラはいつも千里の大好きな”お酒”を用意しています。

そして、そのお酒をソラが飲んだ瞬間に彼女の表情は一変します。

(C)お酒は夫婦になってから

彼女は、お酒で酔っ払うととても可愛くなってしまう癖がありました。

そのことを気にして人前ではあまりお酒を飲もうとはしません。

それでも、愛する夫のソラに対して、ソラにしか見えない姿で可愛く甘えていきます。

「お酒」と「夫婦」と「家」がキーワードになるお酒がたくさんでてくるグルメ漫画です。

(C)お酒は夫婦になってから

「お酒は夫婦になってから」を読んでみる

うさぎドロップ

祖父の訃報を聞いて、ダイキチが荷物をまとめてかけつけると、そこには見知らぬ1人の女の子がいました。

彼女の名前は、”りん”で、なんと祖父の隠し子であることが判明します。

育ててくれる親を失った独り身のりんを、親戚たちは厄介者扱いをし、その様子を見ていたダイキチはりんを自分の手で育てることを決意しました。

(C)うさぎドロップ

こうして、30才子育て経験ゼロの独身男と6才の少女の暮らしが始まります。

りんは年齢のわりにはしっかりものですが、それでも初めての子育てはわからないことだらけです。

りんとダイキチが手を取り合って共に”成長していく姿”が見られます。

(C)うさぎドロップ

「うさぎドロップ」を読んでみる

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、美人だと構内で評判の女子高生・桐谷翔子には、変わった趣味がありました。

それは、「ゲテモノ料理が大好き」だということです。

学校のウサギや道端の鳥にまで好奇の目を向けて、隙あらば捕まえようとします。

(C)桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?

幼い頃から”桐谷さん”のことをよく知る教師の榊伸一は、すぐに暴走をする彼女のことを見張りつつ、彼女の趣味に付き合うことになります。

カエル、ヘビ、サソリ、ワニ、グソクムシ、クジラ、ザリガニなどが”食材”として登場をしてきます。

女子高生が”ゲテモノ料理”を調理して食らう姿を描いたグルメ漫画となっています。

(C)桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?

「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」を読んでみる

たくのみ

20歳の天月みちるは、転職をするために東京へと引っ越してきました。

初めてくる東京は、みちるにとって新しい発見ばかりで、新生活に対してたくさん希望を持っています。

そして、彼女が新居として選んだのは女性専用のシェアハウスです。

(C)たくのみ

アパレル店員、ウエディングプランナー、女子大生と、仕事も年齢もバラバラな同居人たちでしたが、彼女らは美味しい「お酒」と「おつまみ」が大好きとの共通点がありました。

みちるたちは、今晩も共同スペースに集まり、お酒とおつまみを持ち寄って飲み会をします。

登場するお酒は、「エビスビール」「氷結」「オリオンビール」「焼酎ハイボール」など市販されているものばかりです。

そんな女子たちによる楽しそうな「たくのみ」の姿を描いたお酒漫画です。

(C)たくのみ

「たくのみ」を読んでみる

あいうら

ウザいくらい元気な”天谷奏香”、ありとあらゆることに対してやる気がない”岩沢彩生”、小柄で可愛らしい普通の女の子”上原 歩子”。

可愛い女子高生たちの何気ない日常が切り取られた四コマ漫画です。

彼女らが高校に入学をするところから物語が始まります。

(C)あいうら

3人以外にも、個性豊かで可愛い女子高生たちがどんどんと登場してきます。

内容も非常にゆるく、特段と大きな事件が起きない日常系の漫画です。

それでも、「笑って」「癒されて」「萌えて」と楽しめる内容となっています。

(C)あいうら

「あいうら」を読んでみる

花のズボラ飯

駒沢花は、単身赴任の夫を持っている主婦です。

花はもともとがかなり”ズボラ”でいい加減な生活をしています。

夫が家にいないことをいいことに、この”ズボラ”加減が家で前面にでてしまっています。

特にその性格が、作る料理によく現れています。

(C)花のズボラ飯

花が作って食べるのは、「ピザトースト」「卵かけご飯」「キムチチャーハン」「ポトフ」など、比較的楽な料理が多いです。

作る過程がかなり”ズボラ”気味で、ごはんがなければパンを食べ、家にある食材をかき集めて料理し、その場にあった調味料を隠し味にしてしまいます。

そんな花の”ズボラ”さが全開なのですが、結果的に美味しそうな料理が完成をする、主婦が主人公のグルメ漫画です。

(C)花のズボラ飯

「花のズボラ飯」を読んでみる

俺んちのメイドさん

上木崎タカオミが、学校から家に帰宅すると、そこには何故かメイド服を着た同級生の君嶋サラがいました。

サラは、空腹で倒れていたところをタカオミの兄に拾われ、そのままメイドとして住み込みで働くことになります。

真面目なタカオミは、家にいる可愛くて天然なメイドに振り回されていくことになります。

(C)俺んちのメイドさん

タカオミの家には、兄と妹、さらには執事が1人、一緒に住んでいました。

彼らにサラが追加されて、ドタバタな事件を巻き起こしていきます。

家以外でも、2人が通う学校でも事件が起こっていきます。

家に住み込みで働き始めた同級生メイドさんが登場をする日常系の4コマ漫画です。

(C)俺んちのメイドさん

「俺んちのメイドさん」を読んでみる

ふしぎねこのきゅーちゃん

ふしぎなねこの”きゅーちゃん”が主人公の漫画です。

1人の青年が、「ひろってくだい」と書かれたダンボールに入っているねこを見つけました。

彼はこのねこを拾って、持って帰り、一緒に住むことになります。

(C)ふしぎねこのきゅーちゃん

彼はこのねこを”きゅーちゃん”と名付けて1人と1匹での生活を開始します。

”きゅーちゃん”は、不思議なねこであり、人間のような行動の数々をおこなっていきます。

また、青年が喜んでくれた顔が大好きであり、あの手この手で喜ばせようとしてきます。

ふしぎなねこの”きゅーちゃん”の可愛い姿に癒されることができるねこ系4コマ漫画です。

(C)ふしぎねこのきゅーちゃん

「ふしぎねこのきゅーちゃん」を読んでみる

聖☆おにいさん

現代日本、東京の立川のアパートで、とある男2人が同居生活をしています。

彼らの正体は「ブッタ」と「イエス」です。

聖人2人は、下界でバカンスを満喫していました。

(C)聖☆おにいさん

2人とも、聖人だとは思えないような普通の生活をしています。

ブッタはとにかくドケチであり、逆にイエスは衝動買いをするようなことが多いです。

ときに喧嘩もすることはありますが、2人は仲良く、楽しく暮らしています。

「ブッタ」と「イエス」の日々が面白おかしく描かれている日常コメディ漫画です。

(C)聖☆おにいさん

「聖☆おにいさん」を読んでみる

乙嫁語り

本作は、19世紀後半の中央アジアを舞台にした作品です。

12歳の少年・カルルクの元に、20歳のアミルが嫁として嫁いできました。

8歳の年の差を乗り越えて、2人は夫婦になります。

2人の間には、同じ場所に住み続ける”定住民”と住処を変える”遊牧民”との文化の違いもあります。

(C)乙嫁語り

遊牧民のアミルは、女性ながらも弓を担いでウサギを取りに行くような活発さがあります。

そして、カルルクは幼いながらも妻を守るような男らしさがあります。

そんな2人が家族たちに支えられながら絆を深めていきます。

ゆっくりとした時間が流れる草原の地を舞台に、そこで生活をする人々のそれぞれの人生を描いた物語を見ることができます。

(C)乙嫁語り

「乙嫁語り」を読んでみる

世界の終わりに柴犬と

文明が滅んでしまった世界で、少女と犬の1人と1匹は生き続けています。

犬はしゃべることができるので、彼女らは、色々な話しをしながら旅しています。

そんな彼らの日常が描かれている漫画です。

(C)世界の終わりに柴犬と

地球は他に人はおらずに、さらには宇宙人がでてくるような場所です。

それでも彼女らの毎日は、何だか楽しそうなものとなっています。

滅んでしまった地球を舞台にして、1人と1匹のゆるい日々を存分に味わうことができる4コマ漫画です。

(C)世界の終わりに柴犬と

「世界の終わりに柴犬と」を読んでみる

我々は猫である

飼い猫のマオは、人と話ができる不思議な猫です。

人間と話せる以外は普通の猫です。

マオは、小説家の”ひより”によって飼われています。

マオは飼い主の”ひより”や友達のねこたちと愉快な日々を送っています。

(C)我々は猫である

内容としては、基本的には大きな事件が起きずに、ただただマオを中心とした日常が描かれています。

マオの友達の猫も、ひよりの友達の人間も個性的な人物ばかりです。

ほんわか、ほのぼのとした気分で読むことができる猫系の4コマ漫画です。

(C)我々は猫である

「我々は猫である」を読んでみる

白熱日本酒教室

本作は、”日本酒”に特化をした日本酒について学ぶことができる漫画です。

登場するのは、講師のむむ先生と日本酒初心者の助手です。

日本酒について何も知らない助手に対して、むむ先生が日本酒を教える形で物語が進んでいきます。

(C)白熱日本酒教室

学べることは、「日本酒の作り方」「日本酒の種類」「日本酒の選び方」などです。

ゼロから丁寧に解説をされていて、漫画なので非常にわかりやすいです。

日本酒をマンガで楽しく学んでいきたいのなら、おすすめの4コマ漫画です。

(C)白熱日本酒教室

「白熱日本酒教室」を読んでみる

               
MENU TOPへ